学生用クレジットカードは卒業後にどうなる?社会人になるときに必要な手続きを解説

学生用クレジットカードは卒業後にどうなる?社会人になるときに必要な手続きを解説 学生カード

学生用カードは年会費もお得でさまざまなサービスが優遇される点が魅力です。

しかし、学生は卒業すると学生用のカードを持ち続けることはできません。

学生用カードは卒業後は一般カードに切り替わります。住所や連絡先が変わった場合は登録情報の変更が必要です。

ここでは、学生用カードは卒業後にどうなるのか、社会人になったときにどんな手続きが必要なのか解説していきます。

カードによっては学生用カードになることで、年会費が発生するカードもあるので卒業前に確認しておきましょう。

学生用カードは卒業後一般カードに切り替わる

どのクレジットカード会社であっても学生用カードを持てる条件は「大学生・専門学校・大学院に在籍している学生の方」となっています。

例えば、三井住友デビュープラスカード(学生)の申し込み資格は以下の通りです。

お申し込み対象

満18歳~25歳までの学生の方(高校生は除く)

研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は、「学生の方」としてはお申し込みになれません。

-引用:三井住友公式サイトより

つまり学生でなくなった方は学生用カードを所有することができないのです。

私の持ってる学生カード、卒業後は何に切り替わるの?

学生カードは卒業後に一般カードに切り替わります。

卒業前 卒業後
学生専用ライフカード ライフカード
三井住友デビュープラス(学生) 三井住友クラシックカード
JALカードnavi JAL普通カード
ANAカード(学生用) ANA一般カード
楽天カードアカデミー

 

楽天カード
JCB CARD EXTAGE JCB一般カード

注意しなけでばいけないのは、学生カードから一般カードに切り替わったことで年会費が発生するカードがあるということ。

三井住友デビュープラスカード・JALカードnavi・ANAカード(学生用)・JCB CARD EXTAGEは一般カードに切り替わるときに年会費が必要になります。

在学中 卒業後
三井住友デビュープラス(学生)

年会費:無料

三井住友デビュープラス

年会費:1,250円+税(初年度無料)

年1回の利用があれば年会費無料

JALカードnavi

年会費:無料

JAL普通カード

年会費:2,200円(税込)

ANAカード(学生用)

年会費:無料

ANA一般カード

年会費:2,000円(初年度無料)

JCB CARD EXTAGE

年会費:無料

JCB一般カード

年会費:1,250円(税別)

※切り替わり前に解約した場合、手数料が必要

大学院に進学する方は継続して所有ができる

大学を卒業して大学院に進学する学生の方は、今持っている学生専用カードをそのまま使い続けることができます。

各クレジットカード会社の定める「学生」の条件には、大学院生も含まれているからです。

しかし、学生であっても年齢制限に引っかかってしまうと、学生カードではなく一般カードに切り替わってしまいます。

留年や浪人で大学院を卒業するときに25歳を超えると、学生用カードを使えなくなってしまうので注意しましょう。

登録内容を変更する必要がある場合は?

大学を卒業すると学生カードから一般カードに切り替わりますが、切り替わりのタイミングで問題が発生することがあります。

自分の状況によって登録内容を変更しなければいけないので、卒業前によく確認しておきましょう。

住所や連絡先が変わった

卒業や就職に合わせて住所が変わる予定の学生も多いのではないでしょうか。

「大学は都心だったけど、就職は地元でする方」「住む地域は変わらないが、住所が変わる」

どちらの場合でも、住所が変わる場合には登録内容の変更が必要です。卒業すると一般カードに切り替わりますが、更新されたクレジットカードは登録されている住所に届われます。

クレジットカードは転送不要風便のため、転送届を出していても新居に配送されることはありません。

更新されたカードをいつまでも受け取れないと強制解約になってしまいます。

引き落とし口座が変わった

会社から給与は振り込まれる銀行口座が学生のときの口座と変わり、その口座からカードの引き落としをされている場合は、引き落とし先の口座変更が必要です。

引き落とし先が別の口座になったことで、その口座にお金が入らなくなるとクレジットカード支払い遅延の原因になります。

利用代金が引きおとせないと、遅延の記録が個人信用情報機関に登録されます。遅延の記録があると、他のクレジットカードの審査や、車・住宅ローンなど、金融に関する審査に通らなくなってしまうので、口座の変更は必須です。

クレジットカード番号が変わる!固定費の引き落としに注意

学生カードから一般カードになるとクレジットカードの番号も変わります。

そのため、携帯電話料金・家賃・光熱費・家電などをクレジットカード引き落としにしていた場合は、支払い先の番号を新しく更新する必要があります。

カード番号が変わったのに気づかず、料金支払いが遅れた場合、自宅に督促状が届いたり、電気・ガスが利用停止になってしまいます。

携帯電話の本体料金や家電を分割払いにして月々支払っていた場合は、特に注意が必要です。

携帯電話の本体料金や家電の分割払いは、ショッピングローンにあたります。ショッピングローンを滞納してしまうと、個人信用情報機関に傷が残ってしまいます。

2か月以上料金を滞納すると、個人信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまいます。ブラック情報が登録されると5年~10年間は記録が消えず、クレジットカードやローンの審査に通りません。

知らない間にブラックリスト入りしている状態にならないように注意しましょう。

無職・自営業・フリーターは登録情報を学生のまま変更しない

学生から社会人になった場合は、勤務先の変更が必要になりますが、卒業後に自営業やフリーターになった場合は勤務先を変更しないことをおすすめします。

フリーターや自営業は、会社員に比べると収入が不安定とカード会社に判断されるため審査に通りにくくなってしまいます。

職業が学生のままでも、支払いが毎月行われていけば有効期限が切れるまでカードを持つことができます。

自営業は開業してから3年以内は収入が不安定と判断されるため、有効期限が切れるまでまって、開業から3年以上経過して信用を得た状態で新しいカードに申し込むことをおすすめします。

卒業間近にクレジットカードを申し込んでもいい?

卒業旅行で海外にいくんだけど、もすうぐ卒業の場合は学生カードと一般カードどっちに申し込めばいいの?

学生カードは海外旅行で便利な特典や保険が付帯しているので、卒業間近でも学生カードに申し込みたいという学生の方も多いのではないでしょうか。

卒業ぎりぎりに申し込むことで、審査が厳しくなるのではないかと心配だと思います。卒業間近の場合は申し込むカードが、卒業後に一般カードに切り替わる場合は問題なく審査に通過できます。

  • 卒業後に一般カードに切り替わる(学生専用ライフカードなど)…審査の心配なし
  • 卒業後に一般カードに切り替わらない(ANA JCB 学生用)…申し込めない

ANA JCBカード(学生用)の申し込みは、卒業予定年の3月中旬までしか申し込むことができません。

カード会社は卒業後もカードを使って欲しいので、お得な学生カードを発行して学生を囲い込みしています。

卒業前に少しだけ持って、卒業後は別のカードを使う…これはカード会社にとって学生用カードを発行する意味がありません。そのため、審査は厳しくなってしまうでしょう。

勤務先を変更するのは実際に勤務し始めてから

カードの登録内容を変更するのを忘れないように、内定が決まってからすぐに勤務先を変更したい気持ちも分かりますが、在学中に勤務先変更すると、再審査が行わる可能性があります。

再審査では「本当に利用者がその企業に勤めているかどうか」を確認するために在籍確認が行われます。

クレジットカードの引き落としは毎月行われるので、毎月の安定した収入があるかは、毎月のカード料金が支払えるかどうかにダイレクトに関わってきます。

在籍確認は会社の電話に連絡され、○○さんいますかという風に連絡がされます。申し込み者本人が電話に出れなくても、在籍していることが分かればOKですが、勤務する前は在籍が確認できません。

在籍確認がとれないと「働いていないのに虚偽の申告をした」「毎月の安定した収入がある補償がない」と判断されるため審査に落ちてしまいます。

そのため、学生の方は勤務先が決まっていても実際に登録情報を変更するのは勤務してからにしましょう。

卒業する前のクレジットカード申し込むがおすすめです。

三井住友デビュープラスカードは卒業しても25歳まで持てる

三井住友デビュープラスカードは卒業しても25歳まで同じ条件でカードを利用することができます。

就職が決まった方も、卒業間近だけど学生用のクレジットカードを持ちたい学生に向いています。

三井住友カードデビュープラス

三井住友カード デビュープラス
カード年会費 初年度無料
2年目以降実質無料
ETC年会費 実質無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上25歳以下
  • 26歳から自動的にゴールドカードに!
  • 2年目以降も年1回以上も利用で年会費無料
  • 通常還元率が1.0%

三井住友デビュープラスカードは通常還元率が1.0%の高還元率カードです。

初年度年会費無料で、2年目から年会費は1250円かかってしまいますが、年に1回でも利用があれば翌年の年会費は無料です。

1年に100円でも利用があれば年会費は無料になるので実質年会費無料です。

タイトルとURLをコピーしました