ACマスターカードは分割払いできる?支払い方法と手数料を簡単解説

ACマスターカードは分割払いできる?支払い方法と手数料を簡単解説 ACマスターカード

ACマスターカードは、最短30分の審査時間で、即日発行も可能なクレジットカードです。

基本的に支払い方法が、リボ払いのみなので、リボ払いを頻繁に利用する人におすすめです。

しかし、実際に契約するとなると、手数料など詳細を確認してから申し込みたいですよね。

そんな人に向けて、ACマスターカードの詳細について、支払い方法と手数料などを簡単にご紹介します。

アコムACマスターカードのメリット・デメリット!年会費・手数料・ポイント徹底比較

ACマスターカードはリボ払い専用のカードなので分割払いの選択ができない

ACマスターカードは、リボ払い専用のカードです。

したがって、分割払いの選択ができません。リボ払いしかできないので、どれだけ少額の買い物をしたとしても、自動的にリボ払いになります。

比較的少額の買い物でリボ払いにしたい場合、レジの店員さんに分割で支払うことを、伝えるのは気が向かないという人も多いでしょう。

ACマスターカードでは、全ての支払がリボ払いになるので、レジでわざわざ「分割払いで」と伝える必要がない点で便利です。

一括の支払いもできないので注意

ACマスターカードでは、基本的に一括の支払いもできません。

よって、レジの支払い時に「一括払いでお願いします」と伝えてたとしても、請求は自動的に分割払いになります。

どんな支払でも、リボ払い専用となることを、理解しておきましょう。

ACマスターカードの支払い方法が知りたい!詳しい手順や手続き方法についても解説

分割払いとリボ払いの違いとは?

分割払いとリボ払いの違いは、以下のとおりです。

■分割払い

  • 指定回数で支払いが終わるので返済期間が明確
  • 月々のお支払い金額を自由に設定できない

■リボ払い

  • 毎月のお支払い金額をほぼ一定にできる
  • お支払いコースの金額を自由に変更できる
  • 支払い期間が変動する
  • リボ手数料が、実質年率10.0%~14.6%(ACマスターカードの場合)

上記どちらの支払い方法でも、手数料は発生します。

返済期間と金額で異なる点があるので、どちらが自分にあっているか確認するようにしましょう。

ACマスターカードの支払い方法

ACマスターカードの支払い方法は以下のとおりです。

  • 口座引き落とし
  • インターネット支払い
  • アコム窓口、ATM

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

口座引き落とし

ACマスターカードの支払い方法として、口座振替があります。口座振替では、毎月の指定された日に請求額が自動で引き落とされるので、返済日に遅れる心配がありません。

しかし、ACマスターカードでは、通常の支払い方法が口座振替ではないため、以下いずれかの方法、カード作成後に変更手続きを行う必要があります。

  • インターネットからの変更
  • 自動契約機での変更
  • 電話申し込みからの郵送

支払い方法が変更されるまでは、2ヶ月〜3ヶ月程度かかります。

したがって、変更されるまでの期間を見越して早めに変更手続きを行うのがおすすめです。

インターネット支払い

ACマスターカードの支払い方法として、インターネット支払いがあります。インターネット支払うを行うには、アコムで利用可能なネットバンキング口座が必要です。

実際の設定は、アコム会員ページからネットバンキングの口座にログインする必要があるため、パソコンやスマートフォンで振込手続きを行います。

アコムでは、「三菱UFJ銀行」や「三井住友銀行」その他の地銀など、幅広い銀行口座で利用ができます。アコムで利用可能なインターネットバンキングがある場合、利便性が高くなるでしょう。

アコム窓口・ATM

ACマスターカードの支払い方法として、「アコム窓口」「提携ATM」での返済もあります。

アコム窓口では、手数料無料で支払いができ、直接担当者と話しながら返済できるため、機械操作が苦手な人や、支払い方法が不安なにもおすすめです。

また、提携ATMでの返済は、コンビニをはじめとしたさまざまな場所で返済ができます。ACマスターカード支払いが可能な金融機関は、以下のとおりです。

■ACマスターカード支払いが可能な金融機関
銀行名   借り入れ   返済・入金
三菱UFJ銀行:カードローン カードローン・クレジット
セブン銀行 カードローン カードローン・クレジット
E-net(E-netマークがあるコンビニのATM) カードローン カードローン
ローソン銀行ATM カードローン カードローン
イオン銀行 カードローン カードローン・クレジット
北海道銀行 カードローン カードローン・クレジット
北陸銀行 カードローン カードローン・クレジット
東京スター銀行 カードローン カードローン・クレジット
八十二銀行 カードローン カードローン
第三銀行 カードローン カードローン・クレジット
広島銀行 カードローン カードローン・クレジット
西日本シティ銀行 カードローン カードローン・クレジット
福岡銀行 カードローン カードローン・クレジット
親和銀行 カードローン カードローン・クレジット
熊本銀行 カードローン カードローン・クレジット
クレディセゾン カードローローン カードローン・クレジット

ACマスターカードの支払い日

ACがマスターカードの支払い日は、以下の中から選ぶことが可能です。

  • 月指定期日に支払う
  • 毎月6日に支払う
  • 35日ごとに支払う

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

月指定期日に支払う

ACマスターカードでは、支払い日はを任意の指定日に変更できます。

指定日に変更すると、定めた日までに請求額を支払うことで、月々の返済ができます。指定日は、以下の方法で変更可能です。

  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • アコム総合カードローンデスク

また、指定日で支払胃をする場合、指定日の15日以上前に支払うと当月分として反映されません。

早めに支払いをしたい際は、指定日の14日前以降に返済する必要があるので注意しましょう。

毎月6日に支払う

ACマスターカードでは、支払い方法を口座振替に変更すると、支払い日が毎月6日になります。

6日付で利用金額が引き落としされるので、土日祝日が6日の場合、翌営業日が実際の支払い日となります。

35日ごとに支払う

ACマスターカードでは、通常の支払いが35日ごととなっています。

よって、支払い日の変更手続きをしない限り、35日ごとの支払い周期となります。

他社のクレジットカードは基本的に30日ごとなのに対して、ACマスターカードは支払い周期が長い特徴があります。返済のサイクルに、少しでも余裕を持ちたい人は、支払日を変更しないようにしましょう。

ACマスターカードの手数料を抑える裏技

ACマスターカードの手数料を抑える裏技は、以下の2つです。

  • 一括払いする
  • キャッシュバックのサービスを活用する

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

一括払いする

ACをマスターカードはリボ払い専用のカードですが、「クレジットカードの限度額」を「毎月のリボ払い金額」にすることで、一括払いになります。

リボ払いでは1回目の支払いに手数料が発生しないため、この設定を行うと手数料が一切かかりません。

なるべくリボ払いをしたくない人には、この方法を使えば一括払いのみの利用となるため、おすすめです。

キャッシュバックのサービスを活用する

ACマスターカードでは、利用金額の0.25%が自動キャッシュバックされます。

例えば「月の利用金額が10万円だと250円がキャッシュバック」となり、利用金額が多く、キャッシュバック金額が手数料を上回れば、実質手数料はかかりません。

ACマスターカードの支払いは計画的に行おう!

今回は、ACマスターカードの分割払いについて、支払い方法と手数料などを簡単にご紹介しました。

ACマスターカードは、リボ払い専用のカードなので、レジで一括払いを選んだとしても、自動的にリボ払いとなります。しかし、今回ご紹介した方法を使うと、実質一括払いも可能です。

また、支払い日を変更するか、しないかによっても返済周期が変わるのも特徴のひとつです。

ぜひこの記事を参考に、ACマスターカードの利用を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました