ライフカードStylishの評判は?メリットとデメリットを徹底解説

クレジットカードビューローとは?個人信用情報機関とJCBの成り立ち ライフカードStylish

ライフカードStylishは、ライフカードが発行するリボ払い専用のクレジットカードです。

リボ払い専用と聞くと、手数料が凄くかかってしまうのではないかと不安になってしまう人もいるのではないでしょうか?

しかしライフカードStylishはしっかりと計画的に利用すれば、優秀なクレジットカードです。

今回の記事では、ライフカードStylishのメリットとデメリットを徹底的に解説していきます。

ライフカードStylishを検討している方はぜひ参考にしてみてください!

ライフカードStylishの基本スペック

年会費 無料
入会費 無料
利用可能枠 お客様ごとにショッピング・キャッシング枠を通知
申し込み資格 国内在住の18歳以上で電話連絡可能な方(高校生不可)
ポイント還元率 0.5%~1%
海外保険 なし
家族カード あり
ETC専用カード あり※年会費500円
カード発行まで 最短3営業日
更新期間 自動更新

ライフカードStylishのメリット

ライフカードStylishには多くのメリットが存在します。

しかし同時にデメリットもあります。

良いとこも悪いとこも把握したうえで、あらためてライフカードStylishの発行を検討してみてください!

年会費無料

ライフカードStylishは、年会費永年無料のクレジットカードです。

そのため、とりあえず発行だけして所持していても損をすることはありません。

年会費無料のカードは、管理さえできていればいくら作っても、とりあえずで作っても良い物です。

使わなければただ有効使用期限が切れるだけです。

あとに紹介しますが、ライフカードStylishは入会するだけで特典が貰えるクレジットカードなので、年会費無料なのと相性がいいです。

リボ払いなので支払いに余裕がでる

ライフカードStylishは、リボ払い専用のクレジットカードです。

近年リボ地獄が社会現象になってしまうくらい様々な意味で認知され始めてきたリボ払いですが、まともな金銭感覚を持っていれば、そのような事態に陥ることは、基本的にないです。

リボ払いは毎月定額引き落としされていくので、支払いに余裕を持たせたい、計画的に家計を管理したい人にはむしろおすすめの支払い方法です。

使いすぎない・毎月の返済額を高めに設定するなど注意して使用すれば、リボ払いは優秀です。

ライフカードStylishはAUTOリボ払いなので、会計の時にいちいちリボ払いでという必要もなく、便利なカードになっています。

誕生月はポイント還元率3倍

ライフカードStylish、というよりライフカード系列のクレジットカードすべてに共通するサービスですが、誕生月にはポイント還元率3倍で買い物できます。

自分の誕生日は、自分へのご褒美で出費も増えますからありがたいサービスですよね。

ポイント交換対象商品のバリエーションが豊富

ライフカードStylishは、ポイント交換対象商品のバリエーションが豊富です。

お酒やお米、期間限定の家電や築地から取り寄せた新鮮な海鮮など、自分のお金ではなかなか買わないけど、もらえるなら嬉しい!といった絶妙なラインナップが揃っています。

商品に交換せずにポイント分のキャッシュバックを受けることも可能なので、クレジットカードのポイントは商品券くらいにしか交換しないという人はメリットにならないかもしれません。

貯めたポイントをキャッシュバック可能

ライフカードStylishでは、貯めたポイントをキャッシュバックして利用残高分から引くことができます。

多くのクレジットカードでは、商品券や様々なグッズにポイントを交換できます。

しかし興味がないものやいちいち商品券に交換するのが面倒な人もなかにはいますよね。

そのような人にはかなりおすすめのポイントの活用方法なのではないでしょうか。

もちろん商品券にも交換可能です。

選択肢が広いのも大きなメリットといえるでしょう。

無職でも世帯収入を証明できれば審査に申込できる

ライフカードStylishは、専業主婦やアルバイトをしていない学生など、無収入の人でも審査に申し込むことができます。

申込条件は国内在住の18歳以上の人というだけで、年収や職業などとくに指定がありません。

そのため、世帯収入証明書を提出すれば、審査に通過できます。

ただし世帯収入証明書がないと審査に申し込むことはできても、審査に通過することはできない点には注意が必要です。

ライフカードStylishのデメリット

続いてライフカードStylishのデメリットについて解説します。

メリットも多いクレジットカードですが、デメリットも存在します。

リボ払いなので使い方を間違えると手数料が高くなる

ライフカードStylishは、リボ払い専用のクレジットカードです。

リボ払いは使い方さえ間違わなければ、家計の管理に役立つ優秀な支払い方法です。

しかし、使い方を間違ってしまうとリボ払い地獄と呼ばれる返済地獄にあってしまいます。

ライフカードStylishのリボ金利は、年利15%です。

毎月の支払いが定額になるからと、リボ支払いでたくさん購入してしまった場合、引き落とし額の大半が手数料になってしまいます。

利用残高にもよりますが、毎月の返済を5000円にしたとして半分以上が手数料ということにもなりかねません。

リボ払いのやばい体験談!副業がきっかけでリボ残高が70万円になった理由とは?

いまどき旅行損害保険が付属していない

ライフカードStylishには、旅行損害保険がついていません。

旅行損害保険とは、旅行代金をクレジットカードで支払った場合、その旅行中に起きた損害について補償してもらえるサービス機能です。

現在、多くの年会費無料のクレジットカードでも海外旅行損害保険とまではいかなくても国内旅行損害保険くらいは、普通に付属しています。

しかし残念ながらライフカードStylishには付属していません。

通常時はポイント還元率は0.5%と低め

ライフカードStylishは、誕生月には還元率3%になったり、ライフカードのネットショッピング経由だとポイントが20倍になります。

しかし通常のポイント還元率は0.5%と低めです。

年会費無料で通常のポイント還元率が1%のクレジットカードも存在するので、メインで使用するカードとしては、少々力不足に感じてしまうかもしれません。

ETC機能付きは年会費がかかる

ライフカードStylishは、ETC機能付きのクレジットカードの発行手数料などは無料です。

しかしETC機能付きの場合、年会費が500円かかってしまいます。

いまどき年会費無料のクレジットカードでもETC機能付きの発行手数料無料・年会費無料は当然です。

そのため、わざわざライフカードStylishでETC機能をつける意味はないです。

デメリットばかりか、年会費無料であるライフカードStylishのメリットを消してしまうことにつながります。

ライフカードStylishの交換対象商品

ライフカードStylishの使用で貯めたポイントで、バリエーションに富んだ様々な商品と交換することができます。

現金ではなくクレジットカードを使用する醍醐味は、ポイントです。

そのポイントの交換商品は残念だと、あまり使う気分にもなりませんよね。

ライフカードStylishの使用で貯まるLIFEサンクスポイントで交換できる商品を紹介します。

キャッシュバック

ライフカードStylishでは、貯めたポイントに応じて利用残高から引く形でキャッシュバックを受けることができます。

ポイント数 キャッシュバック金額 交換レート
(1Pあたり)
1,200ポイント 5,000円 4.17円
2,200ポイント 10,000円 4.55円
4,300ポイント 20,000円 4.65円
6,400ポイント 30,000円 4.69円
10,600ポイント 50,000円 4.72円

一度に交換するポイントが多ければ多いほど、1ポイントあたりの単価が高くなります。

交換できる時に交換したくなってしまいますが、できるだけ貯めてから交換するようにしましょう!

Vプリカ(商品券)

ライフカードStylishでは貯めたポイントに応じてVプリカと呼ばれるライフカード発行のギフトカードと交換することができます。

キャッシュバックの場合、1200ポイントで5000円のキャッシュバックを受けれます。

しかしVプリカの場合は、1000ポイントで5000円分のVプリカと交換することができるので、商品券を使う店に行く機会があるならお得になります。

プリカのカードデザインの種類は豊富ですが、基本的に1ポイント5円換算でVプリカと交換できます。

また現在は必要ポイントOFFキャンペーンもしているので、1ポイントあたりの換算額はさらに高くなっています。

LIFEセレクション

ライフカードStylishを使用して貯まるLIFEサンクスポイントのおすすめセレクショングッズも交換対象になります。

交換商品 必要LIFEサンクスポイント
ハイアットリージェンシー京都 ランチコース 2名様 2,100ポイント
ヒルトン東京 ランチ又はディナーブッフェ 2名様 2,200ポイント
三光マーケティングフーズお食事券 7,000円分(1,000円分×7枚) 1,000ポイント
象印 IH炊飯ジャー 極め炊き (5.5合) 4,550ポイント

数多くあるLIFEサンクスポイントのなかでも私が良いなと思ったものをピックアップしてみました。

少々食いしん坊なラインナップになってしまいましたが、ヒルトン東京ビュッフェなど自腹だと購入しにくい商品があるのは、凄く魅力的だと思います。

築地お取り寄せコース

ライフカードStylishの交換先でとくに異質なのは、築地お取り寄せコースの商品でしょう。

築地から新鮮な海鮮をお取り寄せして提供してくれています。

交換商品 必要LIFEサンクスポイント
まぐろ缶詰『希缶®』 10個セット 1,050ポイント
鮪 中トロ2柵 1,100ポイント
鮪 極上中トロ2柵 赤身1柵 1,550ポイント
天然本鮪セット 2,100ポイント
鮪 極上中トロ2柵 赤身1柵 タラバ蟹 1肩1.0キロ 2,100ポイント

海鮮といっても基本的に鮪一択のようです。

ライフカードStylishの審査難易度

ライフカードStylishの審査難易度は、ほかの多くのクレジットカードと比べても緩いです。

ただし年収無しでは審査に通過することはできません。

しかしアルバイトやパートでも年収が100万円程度あれば、問題なく審査に通過することができます。

リボ払いは手数料が発生する関係で、カード会社の利益になりやすいです。

そのため、多少属性が悪く、貸し倒れるリスクがあったとしても積極的に審査に通過させて利益を得ようとするのです。

ライフカードStylishの審査については、以下の記事で詳しく解説しています。

ライフカードStylishの審査基準は厳しい?審査落ちしてしまう原因も解説

ライフカードStylishを受け取りにかかる日数

ライフカードStylishの発行日数は、最短3営業日と非常に速いです。

ここまで記事を読んでいただいた人の中には、ライフカードStylishの発行を検討している方もいるのではないでしょうか?

欲しいと思えば、一日でも早く欲しくなるのが、人間ですよね。

ライフカードStylishの受取日数は、最短で3営業日程度とクレジットカードのなかでも早いです。

ライフカードStylishのカード受け取りまでの流れや日数については、以下の記事で解説しています。

ライフカードStylishは即日発行できる?最短で受け取る方法を紹介

ライフカードStylishの返済方式

ライフカードStylishの返済は、残高スライドリボルビング方式になります。

利用残高と選択したコースによって、月々の支払額(引き落とし額)が決定されます。

ご利用残高 一般コース 3,000円
コース
4,000円
コース
5,000円
コース
10,000円
コース
20,000円
コース
30,000円
コース
1円~5万円 3,000円 5,000円 3,000円 4,000円 5,000円 10,000円 20,000円 ご利用残高 60万円まで 30,000円
5万円超~10万円 10,000円
10万円超~15万円 6,000円 15,000円 6,000円 8,000円 10,000円
15万円超~20万円 20,000円
20万円超~25万円 9,000円 25,000円 9,000円 12,000円 15,000円 20,000円
25万円超~30万円 30,000円
30万円超~35万円 12,000円 35,000円 12,000円 16,000円 20,000円
35万円超~40万円 40,000円
40万円超 ご利用残高10万円あたり 3,000円増額 ご利用残高 5万円あたり 5,000円増額 ご利用残高 10万円あたり 3,000円増額 ご利用残高 10万円あたり 4,000円増額 ご利用残高 10万円あたり 5,000円増額 ご利用残高 20万円あたり 10,000円増額

たとえば3,000円コースを利用している場合なら10万円1円利用残高があれば、その月の支払額は6,000円になります。

しかしその支払い分で利用残高が10万円以下になった場合、翌月の支払額は自動的に3,000円になるのです。

繰り上げ返済を有効活用しよう

ライフカードStylishのリボ金利は、15%です。

10万円借りていて、3,000円コースで支払いをする場合、支払額3,000円のうち1,250円は手数料でもっていかれてしまいます。

多額の利用残高に対して、少ない支払額を設定していると多額の手数料を支払うことになり、いつまでたっても支払いが完了しません。

これがリボ地獄にはまる原因です。

このような事態になるのを避けるために、毎月の支払定額をあげるか、繰り上げ返済をおこないましょう。

利用残高が減るスピードが速ければ速いほど、支払い期間が減るので総額の手数料を大きく抑えることができます。

ライフカードStylishの引き落とし日

ライフカードStylishの引き落とし日は、毎月27日に設定されています。

多くの会社の給料日は25日に設定されていることが多いですから、ありがたい配慮ですよね。

給料をもらってすぐは、お金に余裕もあると思うので、できるだけこのタイミングで繰り上げ返済をおこない少しでも手数料を減らしましょう。

リボ払いなのでいくらあまり関係ないかもしれませんが、締め日は毎月5日に設定されています。

3月5日までの利用残高は4月27日に追加されるということです。

ライフカードStylishがおすすめな人

ライフカードStylishは、審査に通過しやすい年会費無料のクレジットカードです。

またリボ払いで毎月の支払が定額になるので、家計の管理がしやすいのも特徴です。

貯めたポイント交換もキャッシュバック可能など、ユニークなのも特徴です。

以上を踏まえて、ライフカードStylishがどのような人におすすめなのかを紹介します。

  • 貯めたポイントを利用残高にキャッシュバックしたい人
  • 自分の年収や信用情報では他のクレジットカードに落ちてしまう人
  • まともな金銭感覚・計画的にクレジットカードを利用できる人

正直このカードを利用してお得になる店などもないので、使える範囲は狭いです。

しかし他のクレジットカードの審査に落ちてしまう人でも通過できる可能性が高いクレジットカードです。

年会費も無料なので、他の年会費無料のカードと併用してお得に使い分けられれば、優良なクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

ライフカードStylishを実際に使用した人たちの声

ライフカードStylishを実際に利用した人の声を集めてみました。

メリットやデメリットをパッと見て理解するよりも、参考になると思います。

30代後半 フリーター 男性

実家暮らしのフリーターで、年収も150万円程度です。

他のクレジットカードの審査に落ちてしまっていたのですが、ライフカードStylishの審査が通過しやすいということを聞いたので、ダメもとで審査を受けてみました。

普通のライフカードの方には落ちてしまっていたので、おそらくこちらもダメだろうと思っていました。

しかし即日審査通過の通知がきました!

リボ払いのクレジットカードは審査が緩いと聞いていましたが、こんなにあっさり審査に通過できるとは思っていなかったのでうれしいです。

受取までの日数も3日程度で、既に生活がカツカツだった私にとっていろいろな意味で優秀なクレジットカードです。

リボ払いの恐さは耳にしているので、必要な分だけ使っていきたいと思います。

20代前半 会社員 男性

そもそもクレジットカード自体、あまり使用するタイプではないです。

しかし給料日前の飲み会などの支払いでたまに使用していました。

一括払いは基本的に使わずに、固定費のような感覚で支払いができるリボ払いを使用していました。

ただ、リボ払いをする人ってどうしても生活カツカツなイメージがあるので、支払いの時にリボ払いと店員にいうのが恥ずかしかったんですよね。

その時にリボ払い専用のライフカードStylishを知りました。

リボ払い専用のクレジットカードだと面倒な設定もなく、自動でリボ支払いになるのでわざわざ店員にいわなくてもよくなったのが大きいです。

40代後半 専業主婦 女性

専業主婦でもクレジットカードをもてるということで、夫に頼んで世帯収入証明書を提出し、審査に通過しました。

そこまでは良かったのですが、リボ払い専用のクレジットカードのことをよく勉強していなかったため、多くの手数料を支払うはめになりました。

他に使用しているクレジットカードは支払い時に、一括払いでいいか確認が入ります。

しかしライフカードStylishでは、支払い時になにも確認が入りません。

最初は店員さんが確認しないだけなのかと思っていました。

リボ払い専用クレジットカードの場合は、確認を取らずに自動的にリボ払いになるようです。

そのため結構な金額を使った後にリボ払いであることに気づき、馬鹿にならない手数料を支払うはめになりました。

ライフカードStylish まとめ

ライフカードStylishのメリットやデメリットについて解説してきました。

ライフカードStylishのメリット

  • 年会費無料
  • 毎月の支払いに余裕が持てる
  • 誕生日の月はポイント3倍
  • ポイント交換対象商品のバリエーションが豊富
  • 貯めたポイントをキャッシュバックできる
  • 無収入でも審査に申込できる

ライフカードStylishのデメリット

  • 使い方次第で手数料が高額になる
  • 旅行損害保険が付属していない
  • 通常時のポイント還元率0.5%
  • ETC機能付きは年会費500円かかる

年会費無料なので、所持しているだけでは損をすることはありません。

審査も通過しやすいため、一般的なクレジットカードの審査に通過できない人にはおすすめできます。

ライフカードStylishなどのリボ払い専用のクレジットカードは、少々癖が強いです。

しかし使いどころをしっかりと選べば、優秀なクレジットカードです。

この記事を参考にして、ライフカードStylishを検討してみてください!

タイトルとURLをコピーしました