ミライノカードGOLD(ゴールド)の口コミ・評判から分かるメリット・デメリット!

ミライノカードGOLD(ゴールド)の口コミ・評判から分かるメリット・デメリット! ミライノカードGOLD(ゴールド)

キャッシュレスが進んでいることから、クレジットカードは生活する上で欠かせないアイテムになっています。

「クレジットカードを発行したい」と思っている方は多いと思うのですが、クレジットカードの種類は山のようにあります。

発行しているカード会社も数多くあるので、「どのクレジットカードを発行したら良いんだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この記事では「住信SBIネット銀行」と「JCB」が提携してできた「ミライノカードGOLD」のメリット・デメリットについて解説するので、参考にしてみてください。

ミライノカードGOLDの基本スペック

年会費 3,300円(税込)
入会費 無料
申込み条件 20歳以上(学生不可)
国際ブランド JCB
ポイント ミライノポイント
ポイント還元率 1.0%
付帯保険 海外国内旅行傷害保険・ショッピングカード保険
家族カード なし
ETCカード あり(年会費:無料)

ミライノカードGOLDのメリット・デメリットを把握することも大切ですが、基本的なスペックを把握すことも大切です。

特に年会費や申し込み条件は最低限把握しておく必要があります。

ミライノカードGOLDのメリット

クレジットカードを発行する際は、具体的にどのようなメリットがあるのか把握する必要があります。

ミライノカードGOLDを利用するメリットを5つご紹介するので、参考にしてください。

  • ポイント還元率が「1.0%」
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯している
  • 無料でETCカードを発行できる
  • 空港ラウンジサービスが付帯している
  • 住信SBIネット銀行の口座を開設している方が対象の優遇サービスがある

1つずつ解説していきます。

ポイント還元率が「1.0%」

1つ目のメリットは「ポイント還元率が1.0%」ということです。

ミライノカードGOLDでは「ミライノポイント」がたまるのですが、ポイントの還元率は「1.0%」になります。

ポイント還元率が1.0%ということは、「100円=1ポイント」たまるということになります。

ただし、ミライノカードGOLDでは「200円=1ポイント」たまります。

「ポイント還元率が0.5%じゃん」と思いますが、たまったミライノポイントは、1ポイントでスマプロポイント2ポイントに移行できます。

少し複雑ですが、ミライノカードGOLDではポイント還元率が「1.0%」になり、ポイント高還元率のクレジットカードといえるでしょう。

最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯している

2つ目のメリットは「最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯している」ということです。

年会費3,300円で最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯していることは、珍しいです。

さらにミライノカードGOLDは「自動付帯」になります。

自動付帯では、ミライノカードGOLDで飛行機代やホテル代を支払っていなくても保険が適応されます。

ミライノカードGOLDに付帯している補償内容と補償金額は下記の通りです。

死亡/後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費用 最高500万円
疾病治療費用 最高500万円
賠償責任 最高5,000万円
携行品損害 最高50万円(1旅行・1年間)
救済者費用 最高300万円

上記の表はカード会員の補償内容と補償金額になるのですが、ミライノカードGOLDでは「カード会員の配偶者・生計をともにする同居の親族・生計とともにする別居の未婚の子」も保険の対象になります。

家族の補償内容と補償金額は下記の通りです。

死亡/後遺障害 最高1,000万円
傷害治療費用 最高250万円
疾病治療費用 最高250万円
賠償責任 最高2,500万円
携行品損害 最高25万円(1旅行・1年間)
救済者費用 最高150万円

自動付帯でカード会員だけではなく家族も保険の対象になることは、ミライノカードGOLDの大きなメリットになるでしょう。

無料でETCカードを発行できる

3つ目のメリットは「無料でETCカードを発行できる」ということです。

ミライノカードGOLDでは、追加カードとして完全無料で「ETCカード」を発行できます。

発行手数料も年会費も無料ですが、再発行する際は「1,100円」必要になります。

さらにミライノカードGOLDでは、ETCカードの利用金額で「ミライノポイント」をためることが可能です。

ETCカードは会員専用サイト「MyJCB」より簡単に申し込むことができます。

空港ラウンジサービスが付帯している

4つ目のメリットは「空港ラウンジサービスが付帯している」ということです。

365日24時間、無料で空港ラウンジを利用できて、飛行機離陸までの時間を有意義に過ごすことができます。

空港ラウンジではソフトドリンクや軽食を無料で食べることができて、Wi-Fiのサービスや新聞の閲覧なども可能です。(サービス内容は空港ラウンジによって異なる)

ミライノカードGOLDに付帯している空港ラウンジは下記の通りです。

  • 新千歳空港
  • 青森空港
  • 仙台空港
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 関西国際空港
  • 広島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 那覇空港
  • ダニエルKイノウエ国際空港(ハワイ) など

上記の空港ラウンジ以外にも利用することが可能です。

ミライノカードGOLDのカード会員本人は無料なのですが、同伴者は有料になるので注意してください。

そして空港ラウンジを利用する際は、ミライノカードGOLDと当日の搭乗券が必要になります。

住信SBIネット銀行の口座を開設している方が対象の優遇サービスがある

5つ目のメリットは「住信SBIネット銀行の口座を開設している方が対象の優遇サービスがある」ということです。

上記でもお伝えしたように、ミライノカードGOLDは「住信SBIネット銀行」と「JCB」が提携してできたカードになるので、住信SBIネット銀行の口座を開設している方は優遇されます。

具体的な優遇サービスとは、「スマートプログラムが2ランクアップ」と「カードローン金利が年0.1%引下げ」になります。

「カードローン金利が年0.1%引下げ」は言葉の通りになるので、「スマートプログラムが2ランクアップ」について詳しく解説します。

スマートプログラムの特典

スマートプログラムとは、カードの利用に応じて、ATMや振込の手数料無料やポイント獲得などの特典が受けられる住信SBIネット銀行の優遇プログラムになります。

スマートプログラムはランクが1〜4までの4段階設けられていて、住信SBIネット口座を開設していると、段階が2ランクアップするということです。

ステップ4の場合は「ATMご利用手数料・振込手数料」が月に15回無料になります。

ミライノカードGOLDを利用する場合は、住信SBIネット銀行の口座を開設することをおすすめします。

ミライノカードGOLDのデメリット

ミライノカードGOLDのメリットについてお伝えしてきましたが、デメリットもあります。

発行しようか悩まれている方はメリット・デメリットを比較して判断することをおすすめします。

デメリットは下記の3つになります。

  • 住信SBIネット銀行の口座を開設する必要がある
  • 家族カードがない
  • 国際ブランドが「JCB」しか選択できない

1つずつ解説していきます。

住信SBIネット銀行の口座を開設する必要がある

1つ目のデメリットは「住信SBIネット銀行の口座を開設する必要がある」ということです。

口座を開設しなくてもミライノカードGOLDを発行することは可能なのですが、開設せずに利用するとあまりメリットがありません。

ミライノカードGOLDを利用するのであれば、口座を開設する必要があります。

ネット銀行なので簡単に口座開設することはできるのですが、わざわざ口座を開設することはミライノカードGOLDを利用するデメリットになるでしょう。

家族カードがない

2つ目のデメリットが「家族カードがない」ということです。

クレジットカードでは、追加カードとして「家族カード」を発行できることが多いのですが、ミライノカードGOLDでは「ETCカード」しか発行できません。

「家族で利用したい」と考えていた場合は、別のカードを発行することをおすすめします。

国際ブランドが「JCB」しか選択できない

3つ目のデメリットが「JCBしか選択できない」ということです。

クレジットカードを発行する際には、MastercardやVISAなどの国際ブランドから自分の好きなブランドを選択することができるのですが、ミライノカードGOLDでは「JCB」のみになります。

何度もお伝えしているように、ミライノカードGOLDは「住信SBIネット銀行」と「JCB」が提携してできたカードなので仕方ないことなのですが、JCB以外の国際ブランドを希望される場合は、別のカードを発行することをおすすめします。

ミライノカードGOLDのポイント制度

ミライノカードGOLDでは「ミライノポイント」が利用金額に応じてたまるのですが、利用方法が少し複雑になります。

まずミライノポイントは、毎月の利用金額の合計に対して1,000円ごとに5ポイントがたまります。例えば、1万円利用すると50ポイントたまります。

そしてたまったミライノポイントは、住信SBIネット銀行の「スマプロポイント」に交換するか、カードの支払い総額から差し引くことが可能です。

スマプロポイントに交換する場合は、1,000ポイント以上100ポイント単位で交換することが可能で、1ミライノポイントで2スマプロポイントに交換できます。

スマプロポイントは、1ポイント1円として現金に交換するか、100ポイント40マイルとしてJALマイルに交換できます。

カードの支払い総額から差し引く場合は、1,000ポイント以上100ポイント単位で差し引くことが可能で、1ミライノポイントで2円差し引けます。

1,000ミライノポイントだと、2,000円差し引くことができます。

ミライノカードGOLDでたまる「ミライノポイント」は店舗などで利用できませんが、満足のできる使い道があると思います。

ミライノカードGOLDを実際に利用した方の口コミ

この記事ではミライノカードGOLDを利用するメリット・デメリットをお伝えしました。

最後に実際に利用した方の口コミをいくつかご紹介します。

30代女性
会社員
手数料無料が助かった

満足度

住信SBIネット銀行の口座を持っている人なら、作っておいて損はないと思います。連携によってATM出金手数料や他行宛の振り込み手数料が15回も無料になります!毎月利用する金額にもよりますが、還元率は高く、工夫をすることでよりお得になるカードだと思いました。ゴールドカードにしては年会費も安く設定されているので、ステータスを重視したい方にもおすすめできるカードになります!
40代女性
会社員
ゴールドカードの中ではコスパがいい

満足度

年会費が3000円でゴールドカードの中では安価なクレジットカードです。その上、空港ラウンジサービスがこの値段で利用できるので、出張や帰省が多い私にとって、空港に行くこと自体が楽しみになっています!さらにQUICPayやApple Payにも対応しているので、非常に便利です。空港宅配優待サービスや免税店で割引されるサービスなどの魅力的なサービスを、これほど手ごろな価格で利用できるのでもっと早く使いたかったと思いました。
30代男性
会社員
住信SBIネット銀行を利用している人には便利

満足度

海外旅行傷害保険が自動付帯ということを耳にして、ミライノカードGOLDを発行しました。年会費3,000円のクレジットカードの中で補償金額は最高5,000万円と十分すぎる金額でとても満足しています。発行するまでは住信SBIネット銀行の口座は開設していなかったのですが、簡単に口座開設できたので良かったです!ミライノカードGOLDを発行されている方・発行しようと考えている方は、なるべく早めに住信SBIネット銀行の口座を開設しておくことをおすすめします!
タイトルとURLをコピーしました