大人の休日倶楽部カードの解約方法とは?解約の手順と注意点を詳しく解説!

大人の休日倶楽部カードの解約方法とは?解約の手順と注意点を詳しく解説! 大人の休日倶楽部カード

大人の休日倶楽部カードは、退会届を電話で請求するか、Webからダウンロードして、記入したものを返送することで解約手続きが完了します。

解約金は無料なものの、解約する時期によっては年会費を余分に払ってしまうことになるので注意が必要です。

解約金が無料なだけに、余分に支払いを増やしたくないですよね。

そこで今回は、大人の休日倶楽部カードの解約方法について、解約の手順と注意点を含め詳しく解説します。

大人の休日倶楽部カードの解約はビューカードセンターに問い合わせよう!

大人の休日倶楽部カードの解約は、ビューカードセンターへの電話で退会届を取り寄せて書類を記入後、返送することで手続きが可能です。

ビューカードセンター(お客さま相談室)
電話番号 03-6685-7000
オペレーターでのご案内
自動音声応答でのご案内
9時~17時30分
6時~23時(年中無休)

ビューカードホームページのWeb退会届をダウンロードするのもOK

ビューカードの退会届は電話での取り寄せ以外にも、Webサイトで退会届をダウンロードすることが可能です。

ダウンロードの方がいつでも対応でき、電話の待ち時間もないため比較的スムーズでおすすめです。

大人の休日倶楽部カードは解約金無料

大人の休日倶楽部カードは解約金が無料です。他のクレジットカードでは加入期間によって、解約金が1万円以上かかるケースもあるので、その点気軽に解約しやすくなっています。

しかし、解約を行うと付帯カードやさまざまなサービスが利用できなくなるため、注意点などは把握した上で手続きを行いましょう。

大人の休日倶楽部カードを解約する際のチェックポイント

大人の休日倶楽部カードを解約する際のチェックポイントは、以下のとおりです。

  • 公共料金の支払い先を変更する
  • カードの利用残高が残っていないか
  • 支払った分の年会費は返金されない
  • 解約手続きをするとかキャンセル不可
  • 大人の休日俱楽部カードを解約すると付帯カードも解約

公共料金の支払い先を変更する

公共料金や携帯料金などの引き落とし方法を大人の休日倶楽部カードにしている人は、引き落とし方法の変更が必要です。

公共料金の引き落とし方法を変更せずに解約してしまうと、気づかぬうちに滞納してしまう危険性があります。

大人の休日倶楽部カードの解約をする前に、公共料金などの支払い情報を変更しておきましょう。

カードの利用残高が残っていないか

大人の休日倶楽部カードを解約する際は、利用した分の支払いが完了しているか事前に確認しましょう。

基本的にクレジットカードは解約手続きを行い、支払い残高が残っている場合は登録済みの口座から自動的に引き落としされます。

大人の休日倶楽部カードではWebサイト上に解約時の支払いに関する記載がないため、解約の電話時に確認してみましょう。

支払った分の年会費は返金されない

大人の休日倶楽部カードでは、支払いのタイミングに関わらず既に支払った年会費は返金されません。

大人の休日倶楽部カードの年会費は入会した月の翌月4日(金融機関休業日の場合は翌営業日)カード年会費は入会した月の翌々月4日(金融機関休業日の場合は翌営業日)にそれぞれ引き落とされます。

タイミングによっては解約する前でも、余分に以下の年会費を支払ってしまうことになるので注意しましょう。

  • 大人の休日倶楽部ジパング:4,364円
  • 夫婦会員:7,458円
  • 大人の休日倶楽部ミドル:2,624円

※上記はすべて税込みで年会費とカード年会費の合計

解約手続きをするとキャンセル不可

大人の休日倶楽部カードでは解約手続きを行うと、キャンセルができません。

間違えて解約したり気が変わって解約をやめたくなったとしても、再度入会する必要があります。

大人の休日俱楽部カードを解約すると付帯カードも解約

大人の休日俱楽部カードを解約すると付帯しているカードも解約となります。

大人の休日倶楽部カードでは、ETCカードが付帯できるので車で毎日利用している場合、解約のタイミングによっては、いきなり高速道路に乗れなくなってしまうので注意しましょう。

大人の休日倶楽部カードを代理で解約することは原則できない!

大人の休日倶楽部カードは、本人以外が代理で解約することは原則できません。

しかし、本人による退会の手続きができない場合は、退会手続きに対応してくれます。

退会方法としては前述のとおり、通常の方法と同じで電話やWebから退会届を入手して記入したものを返送します。

大人の休日倶楽部カードを解約する人におすすめのカード3選

大人の休日倶楽部カードを解約する人におすすめのカードは、以下の3つです。

  • リクルートカード
  • ビュー・スイカカード
  • ライフカード

ポイントをざくざく貯めたい人におすすめ:リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、年会費が無料のリクルートポイントが貯まりやすいカードです。カード利用額1.2%のリクルートポイントが貯まります。

貯まったポイントはPontaポイントに交換できたり、リクルートの提携サービスで利用可能です。

また、付帯保険が「海外旅行」「国内旅行」「ショッピング」と比較的充実している点でもおすすめです。

選べる国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、American Express
年会費 無料
ポイント還元率 1.20%~3.20%
オプションサービス ETCカード、家族カード
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

一枚のカードで色々な機能を利用した人向け:「ビュー・スイカ」カード

ビュー・スイカカード

ビュースイカカードはクレジットカードにSuicaが付帯したカードです。クレジットカードとSuicaが1枚で済むので、手持ちのカードを減らしたい人におすすめです。

ポイントは、ショッピング利用で1,000円につき5ポイント、Suicaのオートチャージで1,000円につき15ポイント貯まります。貯まったポイントはSuicaへのチャージや商品券、特典と交換可能です。

付帯保険も海外と国内両方ついているので、旅行に行く機会が多い人にもおすすめです。

選べる国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
年会費 524円
ポイント還元率 0.50%~3.68%
オプションサービス ETCカード
付帯保険 海外旅行、国内旅行

いち早くカードを手に入れたい人向け:ライフカード

ライフカード ノーマル

ライフカードは年会費が無料で、専用ポイントが貯まりやすいカードです。利用金額1,000円につき1ポイントの専用ポイントが貯まります。

さらに、誕生月に利用すると基本ポイントは3倍となります。ポイント有効期限は最大5年間と長い点でもおすすめです。

また、海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」が付帯しています。LIFE DESKでは、海外旅行の情報収集、ホテル・レストランの予約、カードの紛失・盗難時の手続き案内、医師や病院の紹介・手配などのサポートを受けられます。

選べる国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
年会費 無料
ポイント還元率 0.30%~0.60%
オプションサービス ETCカード、家族カード
付帯保険 なし

大人の休日倶楽部カードの解約方法を理解してスムーズに解約しよう!

今回は大人の休日倶楽部カードの解約方法について、解約の手順と注意点を含め詳しく解説しました。

大人の休日倶楽部は電話かWebから退会届をダウンロードし、記入したものを返送することで手続きが完了します。

解約金は無料ですが解約する時期によっては、年会費を余分に払ってしまうことになるので注意が必要です。

ぜひこの記事を参考に、大人の休日倶楽部カードの解約方法を理解してスムーズに解約してみてください。

タイトルとURLをコピーしました