返品したらクレジットカード払いも返金される?いつごろ返金されるの?

返品したらクレジットカード払いも返金される?いつごろ返金されるの? クレジットカード

基本的にクレジットカードで商品を購入しても購入した商品の返品・キャンセルは可能です。

クレジットカード払いでも現金払いでも、返金対応はしてくれるので、万が一返品してもお金が戻ってこないなんてこともありません。

しかし、チケット類をはじめとして購入した商品によっては返品自体ができない商品もあります。

ここでは、クレジットカードの返品・キャンセルの仕組みと、返品対応できないものを見ていきましょう。

「キャンセルした金額がいつごろ戻ってくるのか」についても解説していきます。

カードの返金対応はお店に問い合わせよう

クレジットカードで買った商品を返金したいときは、カード会社でなく商品を買った店舗に連絡します。

支払い方法がクレジットカードであっても現金であっても、返品方法は変わりません。

カード払いで返金する仕組み

クレジットカードで支払った商品を返金する場合の流れは以下のようになります。

  1. 購入者がお店に返金する
  2. 購入したお店がカード会社に返金申請をする
  3. カード会社は支払いを取り消して購入者に返金する

みて分かる通り、購入者はお店に連絡するだけでそのほかの手続きは不要です。自らカード会社に連絡する必要はありません。

返品・キャンセルされた金額は購入者に自動的に返金されます。カード支払い予定の金額から返品した商品の金額が差し引かれます。

現金での返金は対応していない

クレジットカード払いした返金額を現金で返金することはできません。

お店側が現金での返金に対応していない理由は、カード決済手数料がかかっているからです。

お店側(加盟店側)は、カード払いされたときにカード会社に決済手数料を支払っています。

現金で購入者に返金対応をしてしまうと、カード会社に支払った決済手数料を自分のお店で負担することになります。

クレジットカードでの返金にすれば、カード決済手数料はカード会社から返金されるためお店側はマイナスになりません。

自分で買い物するときはもちろん、レジを打つ機会がある方は返品要請があっても現金で返金しないようにしましょう。

返品すると獲得したポイントもなかったことになる

返品対応をすると獲得したポイントもなくなります。

お金だけ返してもらってポイントを獲得することはできません。

返品・返金(クーリングオフ)に対応していることが条件

返品・返金ができる法律は「クーリングオフ」といいます。

クーリングオフは購入から「8日間」、連鎖販売取引(俗にいうマルチ商法)は「20日間」と定められていて、この期間を過ぎると返品ができません。

また、クーリングオフはどんな商品にも対応しているわけではありません。

一部通販サイトや、クーリングオフ制度を設けていないお店では返品自体ができないので注意してください。これはクレジットカードで支払ったときに関わらず、現金で支払った場合も同様です。

返金にかかる日数は2か月以内

クレジットカードで支払った商品を返品すると、通常2か月以内に返金対応がされます。

2か月程度かかる理由は加盟店からカード会社に連絡をし、返品処理が完了するまでにタイムラグがあるからです。

ネットで購入した商品を返品する場合、商品を郵送してショップに届いてから加盟店がカード会社に連絡をします。

また、どのくらい時間がかかるのはクレジットカード会社の締め日と支払日によっても異なります。

カードの締め日がきてから返金処理をすると、返金が反映されるのは翌々月の支払いになってしまいます。締め日を数日過ぎてしまっただけでも返金が遅れてしまうので注意しましょう。

返金が遅い場合はカード会社に問い合わせを

返品をしたタイミングや、カードの締め日や支払い日によって返金対応される時期は異なりますが、概ね2か月程度で返金処理が完了します。

しかし、2か月以上たっても返金されない場合には、商品を購入した店舗に直接問い合わせましょう。

ネット通販の中には返品・返金に条件を設けていて、その基準を満たしていないために返品処理がされていないこともあります。

店舗側が返金処理を依頼していたのに、返金が行われていない場合はクレジットカード会社に問い合わせましょう。

ネット通販でも返品・キャンセルは可能

実店舗でなく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで購入した場合でも、問題なく返品・返金ができます。

楽天・Amazonでのキャンセル・返品方法

キャンセル方法

Amazonで購入した商品をキャンセルしたい場合(商品が届いていない)、注文履歴または注文確認メールから「キャンセルボタン」をクリックすればキャンセルが完了します。

キャンセルボタンをクリックするとキャンセル理由を入力する欄があらわれますので、理由を記入しましょう。

お店側がキャンセル理由を承認し、キャンセル完了メールが届けばキャンセル完了です。カード払いした金額は返ってきます。

返品方法

商品が届いてしまった・キャンセルボタンが表示されなかった場合は、以下の手順で返品手続きをしましょう。

  1. 注文履歴から返品受付をする
  2. 注文番号・伝票など必要商法を記録する
  3. 商品を梱包して郵送

店舗によっては直接店舗に電話して返品の旨を伝える必要があります。

商品と一緒に返品の問い合わせ先と、返品受付期間が記載されています。

店舗側が提示する期間をすぎてしまうと、クーリングオフ期間中であっても返品ができません。

届いた商品を返品したい場合はできるだけ早く返品作業をするようにしましょう。

梱包は自分で行う必要あり

商品を店舗に送り返す際の梱包は、商品が届いたときの箱にいれて送り返せばOKです。

購入時に送られてきた段ボールや新聞紙などを捨ててしまった場合は、自分で梱包をしなければいけまえん、

しかし梱包といっても段ボールを購入する必要はありません。

近くのスーパー・イオン・ドラッグストアに行けば無料で段ボールを手に入れられます。箱が手に入ったら、あとは商品の周りを新聞紙やチラシで動かないように固定すればOKです、

割れ物やガラスなどの場合、特に丁寧に梱包しましょう。商品が店舗に届いたときに壊れていると返金されなくなってしまいます。

返品時の送料負担はお店による

返品時の送料負担はお店や返品理由によりますが、基本的には自己負担になります。

「注文した商品と違った商品が届いた」「商品が壊れていた」など、お店側に責任がある場合は、店舗側が送料を負担できます。

カードでの返品に注意するべきもの

クレジットカードで購入した金額が基本的に現金と同じように返金がされます。

しかし、以下のように現金だと後払いになるものについては、入金してからのキャンセルができなくなっています。

  • 変更不可の飛行機チケット
  • ライブ・イベントなどのチケット

変更不可の飛行機のチケットは、返金が可能でも一部を手数料をして取られます。

現金支払いは後日コンビニで支払うことになるので、間違っててもキャンセル扱いになりますが、クレカ払いだと半額程度しか返金されません。

また、ライブ・イベントなどのチケットの基本的に入金後の返金(払い戻し)はできなくなっています。

間違って購入した場合は、発券後公式リセールに出すなどして売れるのを待ちましょう。

返金対応がされたかどうかは利用明細で確認しよう

返金はすぐにされるわけではなく、カード会社や返品時期によっては2か月程度かかります。

もはや2か月以上たつと返品したこと自体忘れてしまそうですが、返金対応がされたかどうかを利用明細で確認するようにしましょう。

高額な商品を支払ったのに返金されていないと、かなり損です。

忘れそうな場合は携帯や手帳にメモを残しましょう。日頃からカードの利用明細をチェックする癖をつけておくと安心です。

クレジットカードでも返金処理できる!条件は確認しておこう

クレジットカード払いをした場合でも、現金払いをしたときと同じように返品・返金ができます。

しかしどの店舗でもクーリングオフ制度があるわけではありません。返品できる期間や条件もて店舗によって異なります。

何よりも買い物をするときは、自分が頼んだ商品があっているか・返品に対応しているかをよく確認しましょう。

特にネットショッピングの場合、簡単に購入できてしまうので、注文時の最終チェックでトラブルを防ぎましょう!

タイトルとURLをコピーしました