ダイナースクラブカードは即日発行できない…発行期間を短くする方法は?

ダイナースクラブカードは即日発行できない…発行期間を短くする方法は? ダイナースクラブ

「ダイナースクラブカードをできるだけ早く欲しい」
「ダイナースクラブカードは即日で発行できないのか?」
そうお考えではないでしょうか。

ダイナースクラブカードは付帯サービスが非常に充実しており、欲しいと感じている人も少なくないのではないでしょうか。

その審査は早い方ではなく、それなりに時間がかかることも少なくありません。

しかし、少しでも工夫することで、審査が完了するまでの時間を少しでも短くすることができますよ。

この記事ではダイナースクラブカードの発行の手順や最短で手に入れる方法、ダイナースクラブカードのメリットやデメリットについて詳しく解説します。

この記事を参考に、少しでも早くダイナースクラブカードを入手しましょう。

  1. ダイナースクラブカードを最速発行するにはインターネットから申し込む
    1. 最短2週間後発行で3〜4週間で手元に届く
    2. ETCカードの発行期間は1週間~2週間
  2. ダイナースクラブカードを最速で受け取る手順
    1. ①ダイナースクラブカードの公式サイトにアクセス
    2. ②オンラインで支払い口座設定と本人確認書類添付を完了させる
    3. ③審査完了
      1. ダイナースクラブカードの審査は1〜2週間程度に分かる
  3. ダイナースクラブカードの申し込みに必要な書類
  4. ダイナースクラブカードを早く受け取りする方法
    1. 支払い口座設定と本人確認書類の提出はオンラインで行う
    2. 利用限度額を30万以下にする
    3. 信用情報に傷を作らない
    4. ネット入会で申し込む
    5. キャッシング枠を申し込まない
    6. 申し込み内容に虚偽がないようにする
  5. ダイナースクラブカードは簡易書留にて発送
  6. ダイナースクラブカードのメリット
    1. 高級店のコース料理が1名無料になるなどの特典あり
    2. 空港ラウンジの利用やサービスが充実
    3. 海外旅行傷害保険やショッピング保険が充実
    4. ポイントの有効期限なし
  7. ダイナースクラブカードのデメリット
    1. 年会費は高め
    2. ポイントの還元率は低め
  8. 最短即日発行可能なクレジットカード
    1. ETCカードも即日発行!セゾンカードインターナショナル
      1. 全国のセゾンカウンターで即日発行可能
    2. 店頭で当日に受け取れるエポスカード
      1. マルイ・モディのエポスカウンターで即日発行可能
    3. 発行スピードNO.1!アコムACマスターカード
      1. 30分審査でスピード発行
    4. JCB一般カード(最短翌日に郵送)
  9. ダイナースクラブカードを早く入手するためにはインターネットでの申し込みがおすすめ

ダイナースクラブカードを最速発行するにはインターネットから申し込む

ダイナースクラブカードを最速で発行するためには、インターネットからの申し込みがおすすめです。

ダイナースクラブカードの申し込みはインターネットの他にも郵送で申し込む方法がありますが、この方法の場合、郵送した後、届くまでの時間の分だけ発行に時間がかかってしまいます。

そのため、少しでも早くダイナースクラブカードが必要なのであれば、インターネットから申し込みするようにしましょう。

最短2週間後発行で3〜4週間で手元に届く

ダイナースクラブカードは審査に時間がかかるカードで即日で審査が終わるカードではありません。

申し込み手続きが完了してから、審査が通ってカードが発行されるまでに2週間程度かかります。

審査の状況によってはそれ以上かかるケースも十分にありえます。

審査に通りカードが発行されると、そこから郵送で送られるため、さらにその分の時間がかかり、大まかに3〜4週間程度、手元に届くまでに時間がかかる可能性があるため、注意しましょう。

ETCカードの発行期間は1週間~2週間

ダイナースクラブカードのETCカードは申し込みから週間ほどかかります。

ダイナースクラブカードと同時に申し込みをした場合は、ダイナースクラブカード発行の翌日に発行されます。

またETCカードを後から追加発行した場合には、大まかに発行まで3週間ほどかかります。

同時に申し込みをした場合でもダイナースクラブカードとETCカードは別々で届くため、それぞれに受け取りの手続きが必要になることには注意しましょう。

ダイナースクラブカードを最速で受け取る手順

ダイナースクラブカードを出来るだけ早く受け取りには、以下の手順で行います。

  • ①ダイナースクラブカードの公式サイトにアクセス
  • ②オンラインで支払い口座設定と本人確認書類添付を完了させる
  • ③審査完了

ではそれぞれの手順について詳しく解説します。

①ダイナースクラブカードの公式サイトにアクセス

まずダイナースクラブカードの公式サイトにアクセスし、申込手続きを行います。

氏名や住所、年収など基本的な情報を入力しましょう。

入力した情報に誤りがあると、審査に落ちる要因になってしまうため、正確に記載しましょう。

②オンラインで支払い口座設定と本人確認書類添付を完了させる

ダイナースクラブカードはオンライン上で口座設定と本人確認書類添付を完了させることができます。

オンライン上でなくてもできるのですが、最速でダイナースクラブカードを手に入れる場合、この手続きを行うことが大切です。

オンライン上で行わなかった場合、ダイナースクラブカードから郵送される確認書類を受け取り返送する手間が発生し、その分だけ時間がかかってしまいます。

③審査完了

審査の手続きが完了したら、メールにて、審査の結果が届きます。

審査に通っていれば、そのままカードが発行されそこから約1週間後に手元に届きます。

ダイナースクラブカードの審査は1〜2週間程度に分かる

ダイナースクラブカードの審査には大まかに1〜2週間程度の時間がかかります。

これはオンライン上で支払い口座設定と本人確認書類の添付を完了させた場合、1週間で済みますが、これらの手続きをオンラインでしなかった場合にはさらに1週間程度時間が追加でかかってしまいます。

そのため、少しでも審査の時間を短くしたい場合には、オンライン上で上記の設定を完了させるようにしましょう。

ダイナースクラブカードの申し込みに必要な書類

ダイナースクラブカードの申し込みには、本人確認書類の添付が必要です。

本人確認書類として認められるものは以下のものです。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 写真付きの住基カード
  • マイナンバーカード
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

これらのうちのもののどれか一つのコピーを提出する必要があります。

また申し込み内容の住所、生年月日、名前とこれらの本人確認書類に記載されているものがきちんと一致していることを確認しましょう。

またマイナンバーカードを提出する場合、マイナンバー部分は写さず黒塗りなどして判別できないようにしてください。

また法人カードを申し込む場合には、以下の書類も必要になります。

  • 社員証のコピー
  • 管理責任者のサインが入った所定の書類
  • 上長のサインが入った所定の書類

法人カードの契約内容によって、必要な書類は変わるため、自分の会社の法人カードを管理している人に問い合わせて確認しましょう。

ダイナースクラブカードを早く受け取りする方法

「ダイナースクラブカードを少しでも早く受け取りたい」
という場合には、以下のことを注意するようにしましょう。

  • 支払い口座設定と本人確認書類の提出はオンラインで行う
  • 利用限度額を30万以下にする
  • 信用情報に傷を作らない
  • ネット入会で申し込む
  • キャッシング枠を申し込まない
  • 申し込み内容に虚偽がないようにする

では次で詳しく解説します。

支払い口座設定と本人確認書類の提出はオンラインで行う

ダイナースクラブカードの受け取りを早める場合には、支払い口座設定と本人確認書類の提出をオンライン上で行うようにしましょう。

オンライン上で行わなかった場合、ダイナースクラブカードから郵送される確認書類を受け取り返送する手間が発生し、その分だけ時間がかかってしまいます。

そのやり取りで1週間は遅れてしまうので、必要な書類をあらかじめ準備し、忘れずに手続きしておきましょう。

利用限度額を30万以下にする

ダイナースクラブカードを少しでも早く手に入れたい場合には、利用限度額を30万円以下にしましょう。

30万円以下に設定すると、審査の難易度が下がり、審査が完了するまでの時間が短くなります。

利用限度額の上限はカード発行後でも申し込みできるため、カードが発行されてからの手続きでも遅くはありません。

信用情報に傷を作らない

VIASOカードの発行を早めたい場合には、信用情報に傷を作らないようにしましょう。

カードのちょっとした支払い遅れなども記録されており、その情報があると審査に落ちる、または審査に時間がかかってしまいます。

また、ダイナースクラブカードの場合は審査条件が厳しいため、それが原因で落ちてしまう可能性も。

信用情報機関に登録された支払い情報は5年間は消えません。

過去のことはどうしようもできませんが、申し込み前に回避できるようであれば、事前に対策しておきましょう。

ネット入会で申し込む

ダイナースクラブカードを少しでも早く入手したい場合は、ネット入会で申し込むのがおすすめです。

ダイナースカードはネット入会以外に郵送で申し込む方法がありますが、その場合、郵送でやり取りする分発行までに余分な時間がかかってしまいます。

またオンライン上であれば、ちょっとしたミスをその場で直せるため、記入ミスなども少なく済みます。

キャッシング枠を申し込まない

ダイナースクラブカードの申し込みを早めたい場合には、キャッシング枠の申し込みをしないことがおすすめです。

キャッシング枠を申し込むと、カードの審査に加えてキャッシング枠の審査も必要になり、時間がかかってしまいます。

キャッシング枠の申し込みはカード発行後でもできるので、発行を急ぐ場合には、キャッシング枠を設定しない方がおすすめですよ。

申し込み内容に虚偽がないようにする

ダイナースクラブカードの発行を急ぐなら申し込み内容に虚偽がないようにしましょう。

申し込み内容に虚偽があると、審査に時間がかかるか、審査に落ちてしまう可能性もあります。

収入などのちょっとした間違いであっても、審査する側から見ると関係ないため、面倒でもきちんと収入を確認しておきましょう。

ダイナースクラブカードは簡易書留にて発送

ダイナースクラブカードは簡易書留にて、カードが発行されます。

本人確認書類の提出は完了しているため、本人確認が不要で、立ち合いなどの必要もないため、カードが届くのを慌てずに待ちましょう。

ダイナースクラブカードのメリット

「ダイナースクラブカードを取得するメリットがわからない」
そうお考えではないでしょうか。

ここではダイナースクラブカードを取得するメリットを紹介します。

  • 高級店のコース料理が1名無料になるなどの特典あり
  • 空港ラウンジの利用やサービスが充実
  • 海外旅行傷害保険やショッピング保険が充実
  • ポイントの有効期限なし

では次で具体的に解説します。

高級店のコース料理が1名無料になるなどの特典あり

ダイナースクラブカードは「エグゼクティブダイニング」という制度があり、対応しているレストランでのコース料理を2名以上で予約すると1名分の食事代が無料になるという特典がついています。

1名あたり1万円を普通に超えるようなレストランの割引が受けられるため、2名で利用する場合のメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

このサービスは同じ店舗では年2回までですが、違う店舗であれば利用制限なども特にありません。

そのため、年会費は22,000円と決して安くはありませんが、このサービスを2〜3回ほど利用することで簡単に元が取れてしまいます。

また他にも「ごひいき予約」という特典もあり、キャンセル枠で空いてしまったレストランの枠をお手軽に予約できてしまうサービスもあります。

このダイナースクラブカードを持っていれば、「一見さんお断り」のお店の予約や、カードもサインも不要で決済できるサービスなども利用でき、グルメ方面でのサービスがかなり充実しています。

空港ラウンジの利用やサービスが充実

ダイナースクラブカードを持つメリットは、空港のVIPラウンジの利用やサービスが充実していることです。

空港のVIPラウンジでは軽食やアルコールなどが置いてあり、これらのサービスを無料で利用できます。

また海外のタクシーやホテルの手配を日本語で依頼できる「海外現地トラベルデスク」や、空港から自宅、職場までの配送を無料でしてくれるサービスもあり、海外旅行をよくする方の場合は、このカードを持つことで、かなり楽に旅行や出張ができるようになりますよ。

海外旅行傷害保険やショッピング保険が充実

ダイナースクラブカードは海外旅行障害保険や、ショッピング保険が非常に充実していることもポイントです。

海外旅行傷害保険はカードを持っているだけで適用できる自動付帯になっており、補償内容も内容も以下のように充実しています。

  • 死亡・後遺障害:最大1億円(内5000万円は利用付帯)
  • 障害・疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:1億円
  • 携行品損害:50万円
  • 救援者費用:300万円

さらにショッピング保険も充実しており、ダイナースクラブカードを利用して購入したものが壊れた場合や盗まれた場合に500万円まで補償してくれます。

以上の点から、ダイナースクラブカードは海外旅行やショッピングの際にも安心して利用できるカードとなっていますよ。

ポイントの有効期限なし

ダイナースクラブカードのメリットはポイントの有効期限がないことです。

ポイントに有効期限があると、交換を忘れてポイントが消失してしまう場合がありますが、ダイナースクラブカードの場合にはその心配がありません。

ダイナースクラブカードのポイントは、家電や商品券の交換にも利用できますが、マイルに利用した場合の還元率が高く、1ポイント1マイルで利用できるため、飛行機をよく利用する人の場合には、非常にメリットが大きくおすすめです。

ダイナースクラブカードのデメリット

ダイナースクラブカードを持つデメリットは以下の通りです。

  • 年会費は高め
  • ポイントの還元率は低め

では次で詳しく解説します。

年会費は高め

ダイナースクラブカードを持つデメリットは年会費が比較的高めになっていることです。

ダイナースクラブカードの年会費は22,000円となっています。

それに見合っただけの補償やサービスが付いているのも確かですが、これまで紹介してきたようなメリットを十分に活用できない場合には、その高額の年会費が無駄になってしまう可能性も。

そのため、上記に紹介したメリットを十分に活かせるかどうか、特にグルメ系のサービスはダイナースだからこそのメリットと言えるので、そのメリットを十分に生かせるのか、しっかりと検討しましょう。

ポイントの還元率は低め

ダイナースクラブカードのデメリットはポイントの年間還元率がそれほど高くないことです。

ダイナースクラブカードはポイントの還元率というより付帯サービスの充実に力を入れているカードで、商品券やギフトカードを交換する場合の還元率はそれほど高くありません。

ただし、マイルで交換する場合には、還元率が高くなっています。

空港をよく利用する方であれば、マイルの交換でむしろお得な場合もありますが、ほとんど使わない人の場合はポイントを腐らせてしまうかもしれません。

最短即日発行可能なクレジットカード

「すぐにカードが必要なので、即日で発行できるカードが欲しい」
そのようにお考えの方の場合は以下のカードがおすすめです。

  • エポスカード
  • セゾンカードインターナショナル
  • アコムACマスターカード
  • JCB一般カード(最短翌日に郵送)

ではそれぞれのカードの特徴を詳しく紹介します。

ETCカードも即日発行!セゾンカードインターナショナル

セゾンインターナショナルカードはインターネットで申し込み、当日に受け取ることができるクレジットカードです。

18歳以上であれば申請できるため、大学生などでも問題なく申請できます。

全国のセゾンカウンターで即日発行可能

セゾンインターナショナルカードを即日で受け取るには、セゾンカウンターでの受け取りが必要です。

インターネットで申し込み時に受け取り場所を「セゾンカウンターでの受け取り」にチェックを入れ、お近くのセゾンカウンターがある店舗を選択しましょう。

審査などの手続きが完了すれば、セゾンカウンターにて受け取りが可能です。

店頭で当日に受け取れるエポスカード

エポスカードは、店頭受け取りをすることで、即日での受け取りが可能なカードです。

マルイの店舗ですぐに使える2,000円分の優待クーポンも受け取れます。

マルイ・モディのエポスカウンターで即日発行可能

エポスカードを即日で受け取るには、マルイ・モディのいずれかのエポスカウンターにて受け取りを行う必要があります。

まずはWEBで申し込みし、「店頭受け取り」を選択し、受け取り場所を選びましょう。

ただし、エポスカードの種類によっては受け取りができない場所もあるため、注意してください。

発行スピードNO.1!アコムACマスターカード

アコムACマスターカードは、即日、最短30分でカードの受け取りができるクレジットカードです。

自動契約機での受け取りで簡単な手続きで発行できますよ。

30分審査でスピード発行

アコムACマスターカードは30分という短い審査時間で受け取れるカードです。

インターネットで事前に申し込みし、30分で審査完了、審査が完了したら、自動契約機(むじんくん)での受け取りが可能です。

そのため、仕事帰りや土日祝日でもカードの受け取りができます。

JCB一般カード(最短翌日に郵送)

JCB一般カードは最短即日発行が可能なカードです。

最短で即日発行し、翌日に自宅に届けるサービスがついており、カードを取得するまでの時間が非常に短めのカードとなっています。

初年度は年会費無料で、ショッピング利用金額が50万円を越えている場合、次年度の年会費も無料になります。

海外旅行保険も付帯しており、ポイントも貯められるため、即日発行できるカードの中でも付帯サービスが充実しているカードです。

ダイナースクラブカードを早く入手するためにはインターネットでの申し込みがおすすめ

この記事ではダイナースクラブカードは即日発行できるのか、少しでも早く手にいれるにはどんなことをするべきなのか、詳しく紹介しました。

ダイナースクラブカードはプラチナカードにも相当する補償内容で審査のハードルも高く即日発行できるカードではありません。

しかし少しでも早く手に入れたい場合には、インターネットで、申し込むのがおすすめです。

この記事を参考に少しでも早いダイナースクラブカードの取得を目指してみてください。”

タイトルとURLをコピーしました