エポスカードを解約したい!解約方法と手続き時の注意点について解説!

エポスカード 解約 エポスカード一覧

お得に買い物が出来る事で人気なエポスカード、作ってみたら意外と使う機会がなかったということはありませんか?

解約したいけど手続きが良くわからない、面倒だからそのまま持っているという人もいると思います。

この記事ではエポスカードの解約方法や、解約時の注意点について解説していきます。

エポスカードを解約したいと思っている人はぜひチェックしてみて下さい!

エポスカードの解約方法

エポスカードを解約したいときはどのように手続きすれば良いのでしょうか?

まずはエポスカードの解約手順について詳しく説明していきます。

店舗と電話どちらでも解約手続きが可能

クレジットカードには電話でしか解約できないものも多いですが、エポスカードの場合は電話と店頭のどちらでも解約手続きを受け付けています。

直接質問しながら解約したいという人はエポスカウンターに出向いて手続きをおこなうようにしましょう。

電話手続きであれば自宅から簡単に解約手続きが可能ですので、時間が無いという人やなるべく短時間で手続きを済ませてしまいたい人には電話での手続きがオススメです。

どちらを選んでも手続きの内容に違いはありませんので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

解約手続きの際に必要なもの

解約手続きの際には基本的に本人確認が必要になります。
事前に準備せずいきなり手続きを行ってしまうと書類が無くて手続きが出来なかったり二度手間になってしまう可能性もあります。

必ず事前に確認してから手続きを行いましょう。

直接エポスカウンターに出向いて手続きを行う場合、契約中のエポスカードと本人確認書類が必要になります。

運転免許証やパスポート、保険証などがあれば問題はありません。

免許証が無い場合はマイナンバーカードでの代用も可能です。

電話の場合は自動音声のガイダンスに従って手続きを進めることになります。

電話番号が東京と大阪の2か所に分かれているため、お住まいの地域に近い方を選ぶようにしましょう。

こちらも本人確認が必要となりますので、事前に店頭手続きと同じ必要書類を用意しておく必要があります。

また手続きは必ず契約者本人が行うようにしましょう。

解約手続き時の注意点

エポスカードの解約時には気を付けるポイントが何点かあります。

具体的に注意点について解説したいと思います。

支払い残高が残っている場合は解約できない

一番の注意点として。エポスカードはカードの支払いが残っている状態だと解約手続きが出来ません。

他のクレジットカードであれば解約後に請求が来たり支払いが残っていても解約できるものが多いですが、エポスカードの場合は手続き自体が不可能となっています。

そのため、解約手続きの前に支払いが残っていないか必ず確認するようにしましょう。

もし支払いが残ってしまっている場合、カスタマーセンターに連絡することで支払い時期を前倒しすることが可能です。

キャッシングやリボ払いの場合も同様に連絡することで支払い手続きが可能ですので、解約前に必ず確認しておくようにしましょう。

残っているポイントはすべて失効扱いになる

エポスカードにポイントが残っていた場合、解約した時点ですべて失効扱いとなりポイントは消えてしまいます。

解約した後からポイントを使用したりすることはできませんので、解約前にすべて使い切っておくことをオススメします。

ポイントを使いたい場合はマルイの系列店やネットショッピングなどで買い物に使用するのがオススメです。

またマイルに交換することも可能なため、今すぐ使わずに貯めておきたいという場合はマイルに変えてしまうのも良いでしょう。

後で後悔しないよう事前にきちんとポイントの残高を確認しておきましょう。

エポスカードの「エポスポイント」お得な使い方・貯め方・交換方法を徹底解説!

必要な場合は退会証明書を発行してもらおう

必要な場合は解約時に申し出ることで退会証明書を発行してもらうことが出来ます。

これは住宅ローンの審査などで提示を求められることがあるため、今後ローンを使用する予定がある場合は貰っておくことをオススメします。

特に予定がなくとも、不安な人は念のために貰っておくのも良いでしょう。

ただし注意点として、エポスカウンターに直接出向いて解約手続きを行った場合は退会証明書が発行されません。

解約手続きを行った書類の控えが証明書として扱われてしまうため、正式な書式のものが欲しいのであれば電話手続きをオススメします。

店頭の場合は本人以外手続きできない

店頭に出向いて直接手続きを行う場合、本人以外の家族などが依頼しても解約手続きを行うことが出来ません。

必ず契約者本人が店頭に出向くようにしましょう。

どうしても時間が取れなかったり、近くにエポスカウンターが無いという場合は電話手続きの方をオススメします。

基本的に店頭手続きでないと得られないサービスや書類は存在しないため、特別な理由がないのであれば電話手続きの方がオススメです。

本人が死亡している場合は親族でも解約手続きが可能

例外として、エポスカードの契約者本人が死亡してしまった場合は本人以外でも解約手続きが可能となっています。

万が一持ち主に不幸があった場合などはその旨を手続き時に伝えるようにしましょう。

代理人が手続きを行う際、契約者本人の名前や生年月日などの個人情報を確認されることになります。

本人が手続きを行うよりも確認事項が多いため、事前にきちんと確認を済ませておくことが必要です。

また死亡した本人の口座残高が足りていない場合はカード会社と相談する必要がありますが、基本的に親族が支払い義務を負うことはないようです。

手続きした代理人が負債を負うようなことはほぼありませんので、心配せずに手続きを行うようにしましょう。

年会費の支払いタイミングに注意

これは他のクレジットカードにも言える事ですが、解約手続きを行うの出れば年会費の支払い前月までに行うことをオススメします。

タイミングによっては不要な年会費を支払うことなく退会手続きが可能になるからです。

例えば1月に契約を行った場合、12月までに解約手続きを行ってしまえば次年度の年会費が発生することはありません。

ですが1月に入ってから解約手続きを行うと、その年の年会費を払ってすぐに解約することになってしまいます。

ほとんど使わない期間の費用を払っていることになりますので、金額次第では大きな損をしてしまう事になります。

解約手続きは必ず年会費の請求前に行うようにしましょう。

エポスカードの締め日が知りたい!料金支払いの注意点について解説

解約前に確認しておくこと

解約前に確認しておくことで、不要なトラブルを避けられる注意点がいくつかあります。

ここでは解約手続きの前に確認しておきたい内容を解説します。

公共料金の支払い方法を確認しておく

もしエポスカードを公共料金の支払いに使用している場合、必ず解約手続きの前に支払い方法を変更しておくことをオススメします。

そのまま解約手続きを行ってしまうと、同時に公共料金の支払いもストップしてしまう事になります。

最悪の場合電気やガス、水道が一度に止まってしまうという事態にもなりかねません。必ず事前に支払い方法を確認しておくようにしましょう。

基本的には口座引き落としにしておくか、デビットカードでの支払いに切り替えることをオススメします。

ETCカードを契約している場合は使用できなくなる

エポスカードでは契約しているカードと紐づけたETCカードを作ることが可能ですが、エポスカードを解約した場合はこのETCカードも同時に使用できなくなります。

これに気付かないままETCカードを使用してしまうと高速道路の入り口でトラブルになったり、重大な事故の原因になる可能性があります。

また家族で車を使っている場合は特に知らないまま使ってしまう事が無いよう注意が必要です。

解約したらすぐにETCカードも処分するか、ハサミを入れて使えなくしてしまった方が良いでしょう。

ETCカードが無いと困るという場合は、事前に他のETCカードを用意してから解約手続きを行うことをオススメします。

一度解約しても再入会は可能

エポスカードは一度解約しても後から再加入することが可能です。

二度と契約できないなどということはありませんので、使っていないのであれば一度解約してしまってもそこまで大きなデメリットはありません。

ただし注意点として、以下の点が挙げられます

  • 再入会の場合、新規入会のポイントサービスは適応されない
  • 使用状況が悪かった場合は再入会を断られるケースもある
  • 問題が無かった場合でも、再入会時は審査を受ける必要がある

普通に使っていれば基本的に問題はありませんが、使用状況が悪かった場合などは再入会時に審査に通らない可能性もあります。

クレジットカードの履歴は2~5年程度残ると言われているため、後で困らないよう普段から使い方に気を付けるようにしましょう。

信用情報に傷をつけずに解約する方法

クレジットカードのを解約すると信用情報に傷がつくという話があります。

ここでは信用情報への影響について説明していきます。

普通に使っていれば解約しても問題はない

基本的にはクレジットカードを解約しただけで信用情報に傷がつくことはありません。

信用情報に影響するのは使用状況が悪かったり、支払いのトラブルがあった場合がほとんどです。

そのため問題無く使っていたのであれば特に心配する必要はないでしょう。

ただし注意点として、複数のカードを一度に解約したり短期間での契約解除はおすすめしません。

これらは金銭的に問題を抱えていると判断されてしまう場合があり、ローンの審査時などでもあまり良い印象にならない事が多いです。

クレジットカードの整理を一度に行う人がたまにいますが、可能な限り時期をずらしたり契約後しばらく経ってから解約した方が安心です。

支払いのトラブルがあった場合は要注意

カードの使用中に支払いが頻繁に滞ったり、支払いのトラブルが何度もあった場合などは注意が必要です。

カード会社を通して信用情報機関に記録されている可能性があります。

口座にお金が足りなくて引き落とせない等の軽いケースであれば連絡すれば解決するケースもあります。

ですがトラブルの場合は基本的に数年間記録として残ってしまいます。

クレジットカードの契約だけでなく住宅ローンなどの審査時にも影響することが多いため、クレジットカードの支払いには普段から注意しておくようにしましょう。

信用情報は自分でも確認することが出来る

自分の信用情報が気になったり、確認してみたいという場合は申請すれば取り寄せることが出来ます。

最近はWeb上から確認出来るサービスもありますので、気になる人は一度確認してみることをオススメします。

手数料として1000円程度の料金がかかりますが、自分の信用情報を確認することで得られるメリットは大きいです。

不断な人やトラブル心あたりがある場合は一度見てみるのも良いでしょう。

解約手続き後に困らないよう準備しておく必要がある

いかがでしたか?エポスカードの解約手続きは難しい物ではないですが、事前に用意しておくことや細かい注意点はたくさんあります。

解約した後にトラブルが起こらないよう事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

情報をきちんと整理し、スムーズに手続きを行えるよう準備しておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました