エポスカードでマイルを貯めたい!上手な貯め方とポイント制度についても解説

エポスカード ポイント マイル エポスカード一覧

普段の支払いに便利なエポスカード、実はマイルを貯めるにも便利なことは知っていますか?

ポイント制度を上手く利用することで、効率よくマイルを貯めたり様々な景品と交換することも可能です。

ここではエポスカードを使ったマイルの貯め方や、貯まったマイルの活用法について詳しく解説したいと思います。

すでにエポスカードを利用している人や、これからマイルを貯めたいという人はチェックしてみて下さい!

エポスポイントって何?

エポスカードでは貯まったポイントをマイルに交換することが出来ますが、まずはエポスポイントを貯める必要があります。

ここでは最初にエポスポイントについて解説していきます。

エポスカードを使って貯められるポイントの事

エポスポイントはエポスカードを使うことで貯められるポイントのことです。普段の買い物や支払い、その他さまざまな場面で使用することが出来ます。

特にエポスカードは他社のカードと比較してポイントを貯める手段が多く、うまく利用すれば短時間で多くのポイントを貯めることも可能です。

またエポスポイントはマイル以外の様々なポイントとも交換することができます。そのため非常に使い勝手の良いポイントであると言えます。

エポスカードの「エポスポイント」お得な使い方・貯め方・交換方法を徹底解説!

ショッピングや支払いに使用できる

エポスポイントはマイルに交換しなくても、そのままショッピングに利用することもできます。

そのまま使用する場合は1ポイント1円として使用できますので、貯まったポイントと同じ金額だけ買い物に利用することが可能です。

また1円単位で使用が可能なため、細かい支払いなどにも利用することが出来ます。端数だけポイントで払ってしまいたい時にもオススメです。

ポイント獲得の手段が豊富で貯めやすい

エポスカードは買い物以外でもポイントを貯める手段が豊富にあります。

具体的には電子マネーの使用や友人の紹介、さらには公式アプリから遊べるミニゲームでもポイントを稼ぐことができます。

他のクレジットカードと比べてポイント獲得の手段が圧倒的に多いため、工夫すればかなり効率よくポイントを貯めることが可能です。

また長期間使用するだけでも、年間ボーナスポイントという制度でまとまったポイントが獲得できます。

普段の買い物だけで条件を満たせることもありますので、エポスカードを持っているのであれば普段から積極的に使うことをオススメします。

エポスポイントはマイルと交換できる

エポスカードは貯まったポイントをマイルと交換することができます。

そのため、この交換制度を利用すれば効率よくマイルを貯めることも可能です。

ここでは詳しい方法を解説していきます。

変換率はだいたい50%程度

エポスポイントはそのまま同じ数のマイルと交換できるわけではありません。

基本的には1000ポイントごとに500マイルと交換することが出来ます。

また最低でも1000ポイント以上ないと交換することはできないため、細かい数字での交換も不可能となっています。

交換したいときは必ず1000ポイント以上貯まってから行うようにしましょう。

エポスNetから交換可能

交換はエポスカードの会員サービスである「エポスNet」から行うことが出来ます。

特に登録費や使用料はかかりませんので、エポスカードを持っている人は事前に登録しておきましょう。

また登録時はエポスカードの番号や本人確認用の個人情報なども必要になります。

生年月日や電話番号を確認されますので、スムーズに回答できるよう事前に準備しておきましょう。

マイルの移行期間には注意

マイルには移行期間というものが定められており、申請してからすぐにポイントと交換されるわけではありません。

またマイルの種類によっても移行期間が違うため注意が必要です。

ANAマイルと交換する場合は2~3日ですぐに交換され、そのまま使用することが出来ます。

一方でJALマイルを選んだ場合、申請してから交換まで1か月程度の期間がかかります。

そのため、交換するのであれは計画的に申請を行う事が大切です。

特にこだわりがないのであれば、移行期間が短くすぐに交換できるANAマイルを選ぶようにしましょう。

エポスポイントの貯め方

エポスカードはポイントを貯める手段が多く、うまく利用すれば効率よくポイントを貯めることが出来ます。

ここでは代表的なポイントの貯め方と、利用時の注意点について説明していきます。

エポスポイントをうまく貯めたい!効率の良い貯め方について詳しく解説

友たち紹介でポイントゲット

エポスカードを友達に紹介し、その相手がエポスカードを契約することでポイントを獲得することが出来ます。

これは紹介されてエポスカードを作った相手もポイントが加算されるため、両方にとってお得な制度となっています。

また紹介して契約しなかった場合でもポイントが入るようになっており、紹介のみの場合は1000ポイントがもらえるようになっています。

契約した場合は2500ポイントがもらえるため、クレジットカードを作る予定のある人がいれば紹介してみるのも良いでしょう。

ネットショッピングでポイントが貯まる

エポスカードはネットショッピングでもポイントを貯めることが出来ます。

特に指定の店舗であればポイントの倍率が設定されており、高倍率のショップを利用することで効率よくポイントを貯めることが可能です。

またポイントの倍率や対象の店舗は一定期間ごとに変わることが多いです。

そのため、欲しいものが無かった場合でも後日ラインナップが変わっていることがあります。

時間があれば定期的にチェックしてみることをオススメします。

年間ボーナスポイントがお得

エポスカードは年間の使用金額によってボーナスポイントが加算されます。

これは条件さえ満たしていれば何もしなくてもポイントが加算されるため、非常にお得な制度です。

年間で50万円以上使用していれば2500ポイント、100万円を超えていた場合は10000ポイントが加算されます。

特に100万円を超えるとポイント額が大きく増えるため、普段買い物の使用額が多い人は自分の金額をチェックしてみましょう。

公共料金の支払いもポイント対象にできる

実はエポスカードは公共料金の支払いもポイント対象になります。

一度料金の支払い方法に設定しておけば後は勝手にポイントが入ってくることになります。

そのため、普段あまり買い物にお金を使わない人でも簡単にポイントを貯めることが出来ます。

口座引き落としなどに設定している人はエポスカードに切り替えてしまうのも良いでしょう。

ただし支払い方法を切り替えた後、料金の未納などでカードがストップすると電気やガスまで止まってしまいます。

公共料金の支払いに使う場合、特に支払いのトラブルがないよう注意しましょう。

マイルって何に使えるの?

エポスポイントがマイルに交換できることは分かってもらえたと思います。

ですが、マイルの使い方については意外と知らない人もいるのではないでしょうか?

ここではマイルの使い方について詳しく解説していきます。

飛行機に乗ることが出来る

最も代表的な使い方として、飛行機に乗る際に利用するという方法があります。

一定のマイルを貯めると航空券と引き換えることが出来るため、それを利用して旅行に行くこともできます。

あくまで目安ですが、大体12000マイルほどあれば往復で海外に行くことも可能です。

また航空券だけでなく、購入した座席のアップグレードにも利用することができます。

出張などで海外に行くのであれば、たまには贅沢してワンランク上の座席を利用してみるのもオススメです。

選べる路線も豊富にあるため、自分の目的にあったものを選んでみましょう。

ショッピングにも利用可能

マイルは空港以外の場所でも使用することができ、普段の買い物で支払いにつかうことも可能です。

また電子マネーのチャージにも使用できるため、意外と多くの場所で支払いに使用することが出来ます。

普段あまり飛行機に乗らないという人でも、一度自分の好みにあった使い方を探してみるのが良いでしょう。

エポスカードを持っていたり、マイルを使わずに溜まってしまっている場合は一度チェックしてみることをオススメします。

電子クーポンとしても利用出来る

マイルはANA SKYコインという電子クーポンに交換することができます。

交換後にそのまま電子クーポンとして使用することも可能です。

交換のレートは交換したマイルの数と会員のステータスによって決まります。

この電子クーポンには大きなメリットが隠されており、実は期限が近くなったマイルを交換するとその日が発行日になるという特徴があります。

そのため、電子クーポンに交換することで結果的にマイルの期限を延ばすことが可能です。

期限が近いマイルが貯まっていたり、電子クーポンの方が使いやすい場合には交換するのも1つの手です。

エポスカードはうまく活用することで、マイルを効率よく貯められる

いかがだったでしょうか?

エポスカードはうまく使うことでポイントやマイルを効率よく貯めることができ、様々な特典を受けることも出来ます。

自分にあったサービスや使用方法を選び、効率よくマイルを貯めてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました