ライフカードデポジット(dp)で増額する方法とは?増額審査のポイントと注意点を解説!

ライフカードデポジット(dp)で増額する方法とは?増額審査のポイントと注意点を解説! ライフカードデポジット

ライフカードデポジットは過去に支払いの遅延経験のある方でも、審査に通りやすいカードで、発行時に保証金(デポジット)を支払う必要があります。

その保証金額によって限度額は決められているのですが、「毎月限度額まで到達してう」という方も多いと思います。

では、利用可能額を増やしたい場合にはどうすれば良いのでしょうか?

この記事ではライフカードデポジットの利用可能額を増額する方法と、増額審査のポイント・注意点について詳しく解説していきます。

ライフカードデポジット(dp)の3つの増額申し込み方法

ライフカードデポジットの増額申し込みは大きく3種類の方法があります。

  1. 会員専用ページ[LIFE-Web Desk]から増額を申し込む
  2. ライフカードインフォメーションセンターに電話して増額を申し込む
  3. 申込書類を郵送して増額を申し込む

増額には「審査」があるのですが、どの方法で申し込みをしても審査結果に影響はありません。

そのため自身が最も申し込みやすい方法で申し込みましょう。

申し込み方法を1つ1つ解説していきます。

会員専用ページ[LIFE-Web Desk]から増額を申し込む

1つ目が「LIFE-Web Desk」から申し込み方法です。

LIFE-Web Deskとはライフカード会員専用WEBページで、利用残高や利用代金の照会、サンクスポイントの交換などを行えます。24時間365日利用できるサービスです。

そんなLIFE-Web Deskから増額申し込みが可能です。

LIFE-Web Deskにログインをして「カード利用可能枠の増額申し込み」をクリックします。

クリックすると入力フォーム画面に移るので、増額したい金額などを入力していきます。

入力が完了すると、ライフカードデポジットの増額申し込み完了です。

増額の審査結果は申し込みをしてから、約1週間後にメールもしくは電話で連絡がきます。

LIFE-Web Deskの申し込みは24時間365日対応なので、お時間に余裕がない方におすすめです。

ライフカードインフォメーションセンターに電話して増額を申し込む

2つ目がライフカードインフォメーションセンターに電話して申し込む方法です。

LIFE-Web Deskにログインできない方や増額を急いでいる方は、電話で申し込むようにしましょう。

電話で申し込む際は本人確認されるので、カード会員本人が電話するようにしてください。

そしてライフカードデポジットを手元に置いて電話するようにしましょう。

ライフカードインフォメーションセンターの電話番号は下記の通りです。

電話番号 045-914-7003
受付時間 9:30~17:30(日曜・祝日・1/1~1/3休み)

ライフカードインフォメーションセンターは月初〜5日頃・月末が混み合う傾向があるので、増額を焦らない場合は混み合う期間を避けて電話しましょう。

また、午前中に電話すると比較的つながりやすいです。

申込書類を郵送して増額を申し込む

最後は申込書類を郵送して申し込む方法です。

申込書類で増額申込する手順は下記の通りです。

  1. 資料請求申し込み画面にアクセス
  2. 必須事項を入力
  3. ライフカードより申込書を送付
  4. 申込書と必要書類を一緒にライフカードに返送
  5. ライフカードにて審査・結果の案内

以上の手順で申し込みが完了します。

上記のLIFE-Web Deskと電話から申し込み方法に比べると手間が多いのですが、「受付時間内に電話できない」「LIFE-Web Deskにログインできない」という方は、郵送での申し込みがおすすめです。

増額申し込みの資料を請求する際は、「ご利用可能枠増額プラン利用申込書」にチェックを入れるようにしてください。

審査結果は郵送で送られてきます。

ライフカードデポジット(dp)の口コミ・評判まとめ!実際の利用者から見るメリットデメリットは?

ライフカードデポジット(dp)の増額申請は入会時と比べて審査が厳しい

ライフカードデポジットの増額申請は入会時よりも審査が厳しくなります。

その理由はライフカードデポジットがデポジット型のカードになるからです。

上記でもお伝えしましたが、ライフカードデポジットは保証金(デポジット)を預けることでカードを発行できます。

例えば、5万円の保証金を預けることで限度額5万円のカードを発行することが可能で、50万円預けると限度額は50万円に設定されます。

ライフカードデポジットを発行することでライフカードは大きなリスクは伴いませんが、利用可能枠を増やすことは少なからずリスクが伴います。

そのため発行時よりも増額申請時の方が審査が厳しくなります。

デポジット型ライフカード(dp)の審査基準!それでも審査落ちする人の特徴とは

ライフカードデポジット(dp)の増額申請で抑えるべき3つのポイント

ライフカードデポジットの増額申請では、3つ抑えておくべきポイントがあります。

申請には審査があるのでポイントを抑えることで、増額申請の審査に通りやすくなります。

発行時よりも審査が厳しくなるので、下記の3つのポイントを参考にしてください。

  • ライフカードデポジット(dp)を円滑に利用していること
  • 返済能力のある収入状況であること
  • 過去の信用取引において信用情報が良好であること

1つ1つ解説していきます。

ライフカードデポジット(dp)を円滑に利用していること

1つ目のポイントは「ライフカードデポジットを円滑に利用している」ことです。

増額申請をしているにも関わらずライフカードデポジットをあまり利用していないと、ライフカードは「なんで申請をしたの?」と増額する理由が見当たりません。

そのため毎月ライフカードデポジットを円滑に利用することが申請する上では大切になります。

メインカードとして利用して、可能であれば限度額ギリギリまで毎月利用しましょう。

そうすることで、増額する理由が明確になり、審査に通りやすくなります。

返済能力のある収入状況であること

2つ目のポイントは「返済能力のある収入状況である」ということです。

増額するとライフカードは少なからずリスクを伴うことになるので、「増額しても返済してくれる」と思えるほどの収入状況である必要があります。

具体的な収入状況は増額申請する金額によって変わります。

また、勤続年数も肝心になります。1つの会社に勤めている期間が長くなればなるほど、収入状況は安定すると思います。

収入金額だけではなく、勤続年数も大切なポイントになります。

過去の信用取引において信用情報が良好であること

最後のポイントが「信用取引において信用情報が良好である」ということです。

増額申請の審査では「信用」が最も大切になります。

ライフカードから「この人なら増額しても安心」と思われることができれば、希望通り増額できます。

そのため今までのライフカードデポジットの支払い・携帯料金・公共料金・その他クレジットカードの支払い状況が肝心になります。

信用取引の情報は「信用情報機関」に過去5年間記録されているため、信用情報機関を確認することで、簡単に信用できる人なのか判断できます。

信用情報機関にはクレジットカードの支払い以外にも、携帯料金や家賃の支払いも記録されるので、支払いの遅延・延滞には十分注意しましょう。

ライフカードデポジット(dp)の増額手続きの際の3つの注意点

何度もお伝えしていますが、ライフカードデポジットの増額申請には審査があるので、申し込みをしても増額できない場合があります。

そのことを把握しておくことも大切なのですが、その他にも3つ注意すべき点があります。

増額手続きをする際の3つの注意点は下記の通りです。

  • 増額完了までは数日かかる
  • 限度額を減らされることもある
  • 増額には証拠金が必要

1つ1つ解説していきます。

増額完了までは数日かかる

1つ目の注意点は「増額完了まで数日かかる」ということです。

増額申請時は発行時よりも審査が厳しくなるので、審査にかかる時間が長くなります。

そのため申し込みをしてから増額完了までは数日かかります。

また、郵送で申し込んだ場合は書類を請求して返送する時間があるため、1週間〜2週間はかかると思います。

最も最短で増額が完了する申し込み方法は「電話」になるので、受付時間内に電話することが可能な方は、電話で申し込みをしましょう。

そして、大きな買い物をする予定がある方は、早めに増額申し込みをしてください。

増額完了までの明確な期間は掲載されていないので、早めに申し込みをしておくことをおすすめします。

ライフカードデポジット型(dp)の審査期間は最短何日?審査を短くする方法とは

限度額を減らされることもある

2つ目の注意点は「希望通りの限度額にならないこともある」ということです。

増額申請する際は自身が希望する金額を入力するのですが、100%希望通りの限度額になるとは限りません。

「審査に通れば希望通りの限度額になっている」と思われる方が多いの注意が必要です。

特に限度額を増やして大きな買い物をしようとしていた方は、希望通りの限度額にならなかった場合の対処法を考えておくことおすすめします。

別のクレジットカードを発行するのか、分割払いにするのか決めるようにしておきましょう。

増額には証拠金が必要

最後の注意点が「増額に証拠金が必要」ということです。

ライフカードデポジットを発行するときに「保証金(デポジット」を預けたように、増額する際も「支払うことができる」と証明するお金が必要になります。

ライフカードデポジットはあくまでデポジット型のクレジットカードになるので、増額の際でも証拠金が必要になるのです。

審査に通っても証拠金がなければ増額することができないので、用意できる金額以上の増額は希望しないようにしましょう。

万全な準備で増額を申し込んで審査を通る

この記事ではライフカードデポジットの増額申し込み方法についてお伝えしましたが、大きく3種類の方法で申し込みができます。

24時間365日申し込みができる「LIFE-Web Desk」から申し込みことが最も楽ですが、増額を急ぐ場合は電話で申し込みをしましょう。

増額申請には審査があるので、上記でお伝えした抑えておくべきポイントを参考に申請してください。

そして増額するためには「証拠金」が必要になります。

審査に通ることができても証拠金がなければ増額できないので、万全の準備で増額を申し込むようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました