エムアイカードの年会費ってどれくらい?年間の費用や具体的な金額について解説!

エムアイカード 年会費 MICARD(エムアイカード)

三越や伊勢丹でお得に買い物が出来るエムアイカード、内容が気になっていたり欲しいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ただ実際に作るとなると年会費が気になったり、どのくらいお金がかかるのかわからないという人も多いと思います。

この記事ではエムアイカードの年会費について、具体的な金額や他のクレジットカードと比べて高いのかどうかなど気になるポイントを解説しています。

エムアイカードを作りたいと思っている人や、興味があるという人はぜひチェックしてみて下さい!

エムアイカードの年会費って高いの?

エムアイカードの年会費は種類によって異なりますが、最も下のランクであるスタンダードであれば年間で550円となっています。

また初年度は年会費が無料となっており、翌年以降も年に1回以上利用すれば年会費は無料のまま使用できます。

最高ランクのゴールドの場合は年会費が1万円を超えることもありますが、これはあくまで充実したサービスを受けたい人が選ぶプランのものになります。

特別サービス内容にこだわりがなかったり、買い物に使いたいだけという人であればスタンダードのカードでも問題はありません。

年会費が無料のカード以外使いたくない、というような人でなければ年会費については心配いらないと考えて良いでしょう。

エムアイカードのメリット・デメリットを解説!三越伊勢丹でどれくらいお得?

カードの種類ごとに年会費が違う

エムアイカードには複数の種類があり、それぞれ年会費やサービス内容も異なります。

最高ランクのエムアイカードプラスゴールドになると年間で11000円もの金額になるため、自分に合った金額のカードを選ぶことが大切になってきます。

もちろん金銭的に余裕があったり、サービス内容が満足いくものである場合は上のランクのカードを選ぶのも良いでしょう。

当然ですが金額が高いほどサービス内容も充実したものになり、買い物以外の場面でも役に立つ内容のものもたくさんあります。

単純に安い物を選ぶのではなく、きちんと内容を確認して自分にあったカードを選ぶようにしましょう。

他のカード会社と比較してそこまで高くはない

カードのサービス内容にもよりますので一概には言えませんが、エムアイカードの年会費は他社のクレジットカードと比較してもそこまで高いものではありません。

グレードの高いものやブランド志向のクレジットカードだと年会費が数万円を超えるものもありますので、それを考えればかなり良心的な金額であると言えます。

極端な例ですが、ブランド志向の代表例としてアメリカンエキスプレスが発行しているクレジットカードがありますが、こちらの最高ランクのプラチナの場合は年会費が143000円となっています。

これを見れば、いかに年会費の金額に差があるかが分かると思います。

エムアイカードをお得に使う方法

エムアイカードにはいくつかお得に利用できるオプションがあり、うまく利用することでより充実したサービスを受けることが出来ます。

ここでは代表的なものについて説明していきます。

家族カードは年会費無料で使える

エムアイカードには家族カードというものがあり、本契約した人の家族にもクレジットカードが利用できるようカードを発行することができます。

これは主婦や未成年の方など、審査に通ることが難しい場合でもクレジットカードを利用できるように提供されているものです。

エムアイカードの場合はこの家族カードを無料で発行することができ、年会費もかからずに利用することが出来ます。

ただし注意点としてランクがゴールド以上になってしまうと年会費が発生してしまうため家族カードの利用を考えている場合はスタンダード、もしくはエムアイカードプラスのどちらかを選ぶことをオススメします。

登録すればETCカードも無料に

エムアイカードはETC専用のカードも併せて発行することが出来ます。

こちらはカードの種類を問わず年会費が完全に無料のため、費用の面については安心して利用する事が出来ます。

またエムアイカードのETC専用カードで利用した金額でもポイントが加算されるため、ETCカードを利用するほど買い物のときなどに得することが出来ます。

またゴールドカードでETC専用カードを利用した場合はポイントが他のカードの2倍になるため、頻繁にETCカードを利用するという方にはオススメです。

年会費に関する注意点

エムアイカードの年会費には注意すべき点がいくつかあります。

これを知らないまま使用してしまうとトラブルのもとになったり、思わぬ損をしてしまう可能性もあります。

特に注意すべきポイントをいくつか解説していきます。

年会費を払わないとカードは使えなくなる

年会費を払わなかった場合、当然ですがエムアイカードは使用できなくなってしまいます。

それどころか最悪の場合、支払いが滞った時点でエムアイカードが自動的に解約されてしまうケースもあるため注意が必要です。

入会してから1年後に支払いが発生することが多いため、引き落とし日の前にはきちんと口座にお金が入っているか確認しておくようにしましょう。

もし支払いを滞納したことが原因でエムアイカードを解約されてしまった場合、一緒に登録している家族カードやETCカードも使えなくなります。

特にETCカードは使用できなくなっていることに気づかないまま高速道路に載ってしまうと、トラブルや事故の原因になってしまう可能性が高いです。

年会費の支払いについては必ず注意するようにしましょう。

ポイントで年会費は支払えない

たまに勘違いをしてしまう人がいますが、エムアイカードにたまったポイントで年会費を支払うことはできません。

ポイントについてはあくまで買い物の際に使用するものとして扱われているため、それ以外の目的で使用することは基本的に難しいです。

これについては公式サイトの「よくある質問」の欄にも書かれているため、必ず事前に確認したうえでエムアイカードを利用するようにしましょう。

万が一払い忘れた時の対処法

どうしても支払いが間に合わない場合や年会費を払い忘れてしまった場合、こちらから連絡をして指定の口座に年会費を振り込む必要があります。

そのまま放置していても翌月に引き落とされたりといったことはありませんので、もし引き落としが出来なかった場合は必ず連絡をするようにしましょう。

また自分で振り込む際には振込手数料が発生し、これについては個人負担となるため余計な費用も掛かってしまうことになります。

時間もお金も余計にかかってしまうため、支払いが滞ると自分が損をしてしまう事になります。

できるだけスムーズに支払いが出来るよう、事前にしっかり準備するように心がけましょう。

エムアイカードの種類ごとの違い

ここではエムアイカードの種類ごとの違いについて解説していきます。

具体的なプランや内容の違いについても説明しているため、自分に合ったものがあるかチェックしてみましょう。

エムアイカード(スタンダード)

スタンダードは年会費が無料となっており、最もコストがかからずお手軽に利用できるカードになっています。

初めてエムアイカードを作る人や、クレジットカードを持ったことが無いという人にもオススメです。

初年度のみ年会費が無料となっていますが、翌年以降も年1回以上使用すれば無料のまま利用することが出来ます。

さらにWeb明細サービスも利用できるため、使い過ぎてしまわないか心配という人でも安心して使用できます。

特に種類にこだわりがない場合や、どれを選べばよいかわからないという人にもオススメです。

エムアイカードプラス

こちらは年会費が2000円となっており、スタンダードの次に安いランクのものになっています。

スタンダードとの違いとして伊勢丹や三越で買い物した際にボーナスポイントが付くようになり、最大で5%~10%のポイント還元を受けることが出来ます。

そこまで高い年会費は払いたくないがポイントを効率よく貯めたいという人におすすめのカードです。

家族カードも4枚まで申し込むことができ、家族カードの年会費も完全に無料です。

エムアイカードゴールド

ゴールドの場合は年会費が5500円と、スタンダードやプラスと比較して少し高めの金額になってきます。

またゴールド以上のランクになると年1回以上使用した場合も年会費が無料になる事はなく、確実に毎年年会費が発生することになります。

その代わりサービス内容も充実したものになり、買い物でついてくるポイントの倍率が常に高いものになります。

スタンダードのポイント還元率が0.5%なのに対し、ゴールドではなんど還元率が1.0%と常に2倍のポイントが付くようになります。

さらにビッグカメラなど特定の店舗で買い物した場合はボーナスが付くようになり、最大で2.5%となる場合もあります。

買い物を頻繁にする人や、ポイントをためるのが好きな人には向いているサービス内容であると言えます。

エムアイカードプラスゴールド

プラスゴールドはエムアイカードの中で最も年会費が高く、年間10000円の年会費を払う必要があります。

こちらもゴールド同様1年に1回以上利用しても年会費が無料になる事はありません。

気になるのはサービスの内容ですが、なんど三越や伊勢丹の百貨店であれば8~10%のポイント還元を常に受けられるようになります。

またゴールドと同じく通常時のポイント還元率もスタンダードの2倍である1.0%が常に受け取れるようになります。

さらにVISA、アメリカンエキスプレスの加盟店でも常に1%の還元が受けられるようになります。

年会費は他のカードと比較して高いものの、それだけの金額に見合った内容のサービスであると言えます。

解約すると損かも?エムアイカードのお得なポイント

エムアイカードには独自の制度があったりお得に使用できるサービスが多く存在します。

すでにカードを持っているという人でも知らないと損をしたり、後から後悔してしまう可能性もあるかもしれません。

ここでは代表的なものを2つ紹介したいと思います。

長く利用すると還元率が上がっていく

「エムアイカード プラス」と「エムアイカード プラスゴールド」に限りますが、これらのカードは年間の利用額によって基本ポイントの還元率が変わるという特徴があります。

例として年間30万円未満では5%になりますが、年間で100万円以上買い物をすると最大で10%まで上がることになります。

ですので長く使用したり、金額を多く使うほど得をするという仕組みになっています。

またこれとは別にボーナスポイントというものが存在し、これは前年の利用金額によって加算されるポイントが変わってきます。

最低ラインの200万円でも10000ポイントが加算されるため、頻繁にエムアイカードを利用している人は一度金額をチェックしてみることをオススメします。

もちろん知らずに解約してしまうとこれらのポイントは失効となり、利用金額についてもリセットされてしまいます。

既に利用しているカードがある人は注意するようにしましょう。

エムアイポイントの貯め方と使い方!お得な貯め方は?

家族カードの利用額が合算できる

エムアイカードの家族カードを利用していた場合のメリットとして、家族カードで使用した分の料金を本会員のカードの支払いとして合算することが出来ます。

これだけだと何がお得なのかピンとこないと思いますが、先程紹介したポイント還元率を上げる際に大きなメリットになります。

例えば1人で100万円しか使用していなかった場合でも、3人の支払いを合算すると300万円使用したという扱いになり、1人で300万円使った場合と同じボーナスポイントを受け取ることが可能になります。

家族で使用している場合はお得になるというメリットがあるため、一緒に使用している人は覚えておくようにしましょう。

エムアイカードの解約方法が知りたい!解約時の詳しい手順や注意点について解説

エムアイカードの年会費はそこまで高額ではない

いかがでしたか?エムアイカードの年会費は他社のクレジットカードと比較してもそこまで高い金額ではなく、使用目的に応じてカードの種類を選ぶことも出来ます。

頻繁に百貨店を利用するという人やクレジットカードを作ったことが無いという人でも安心して使用できるものであると言えるでしょう。

ポイント制度も充実したものが多いため、うまくエムアイカードを利用してお得に買い物を楽しめるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました