楽天PINKカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・サポート徹底比較

永久年会費無料の楽天カードから女性向けの「楽天PINKカード」が登場しました!

年会費や還元率など、基本的には楽天カードと同じスペックですが、PINKカードは、

月額30円から保険が付けられる、月額300円でカラオケのお会計が50%OFFになるなど、通常の楽天カードにはついていない機能がついています。

「女性向け」とありますが、男性も楽天PINKカードのサービスを受けることができます。

女性の方にはもちろん、お得なサービスを利用したい男性の方も必見です!

ここでは楽天PINKカードの基本情報と、利用するメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

楽天PINKカードの基本情報をチェック

楽天PINKカードと楽天カードには大きな違いはありません。
基本的にスペックは同じです。

年会費 永久無料 ETCカードは年会費540円
入会資格 18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA・JCB・Master Card・AMEX
利用限度額(初年度) 10万円~100万円
付帯保険 楽天PINKサポート(後述します)
ポイント還元率 標準1.00% 条件によって3.00%
ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA 0.50%

ETCカードのついて詳しく知りたい方はこちら↓

国際ブランド4種類・カードデザインは3種類から選べる

国際ブランドはJCB・Master Card・VISA・AMEXの4つの中から選ぶことができます。

またカードデザインは以下の3種類の中から選ぶことができます。

  • 楽天PINKカードはメタリックなピンクデザイン
  • JCBとMaster Card限定で選択可能なお買い物パンダデザイン
  • JCBで選択できるディズニー・デザイン

3つのカードデザインの色はすべてピンクカラーで統一されています。

楽天PINKカードの4つのメリット

楽天PINKカードには女性には嬉しいカスタマイズサービスが備わっています。

そのカスタマイズサービスを利用して得られるメリットは以下の4つです。

  • 月額330円で楽天グループ優待サービスが適用できる
  • 月額330円でライフスタイル応援サービスが受けられる
  • 月額40円~で女性向き保険を付帯できる
  • nanacoチャージでポイントゲットできる

詳しく解説します。

月額330円で楽天グループ優待サービスが適用できる

飲食店や映画のチケット、習い事、介護、育児サービスなど、女性のライフスタイルに合わせた11万以上のジャンルの割引や優待特典を受けることができます。

具体的な優待サービスの内容は、以下のようになります。

サービス対象 サービス内容
楽天市場 500円割引
楽天トラベル 国内宿泊予約で1000円割引
楽天ブックス 100円割引
楽天kobo 電子書籍10%割引
楽天TV コンテンツ全品20%割引
楽天GORA ゴルフ場予約で1000円割引
楽天24 クリスタルガイザー 50円割引
(500ml×48本)
楽天チケット お得なポイントキャンペーン

たくさんの場所で割引を利用できますが、よく考えると初回限定のクーポンであったり、買物金額が5000円以上でないと適用されなかったりなど、条件があります。

この条件から考えると、月々330円のもとを取るのは結構大変。

人によっては便利に使える場合もあるので、気になる方は初入会2ヶ月無料のキャンペーンを利用して、一度試してみるのがおすすめです。

お得に使える方にとっては大きなメリットの1つと言えます。

月額330円でライフスタイル応援サービスが受けられる

月額330円で、カラオケや映画、その他アミューズメントなど全国110000店舗で割引を適用できるサービスがライフスタイル応援サービスです。

具体的な内容は、以下のようになります。

サービス対象 サービス内容
カ・ラ・ダ ファクトリー(整体) 1000円→850円
tutuanna 2000円以上の買い物で10%割引
ヒューマックスシネマ 1900円→1300円
日産レンタカー 12~50%割引
ベネ・ステ(eラーニング) 全158講座受講料無料
カラオケまねきねこ 室料30%割引 ポテトフライ1皿無料
ピザハット 2500円以上で500円割引
東京ジョイポリス パスポート引換券4500円→3400円
NOVA駅前留学 レッスン料金20%割引
中国料理 皇家龍鳳 ランチ+ワンドリンク50%割引
カラオケコート・ダジュール 室料20%割引
カラオケビッグ・エコー 室料30%割引(日~木・祝日)
室料20%割引(金・土・祝前日)
室料5%割引(フリータイム)
大江戸温泉物語 大人料金2768円→1986円
Re.Ra.Ku ボディケア60分以上10%割引

利用頻度の高い場所も多くあり、男性・女性問わずお得な割引特典が揃っていて、楽天PINKカード最大のメリットと言えます。

このライフスタイル応援サービスであれば、月額330円の元を取るのも簡単ですし、適用される条件も多くないです。

こちらも初回利用の方は2ヶ月間無料で試せるので、一度無料で加入して自分にとってどれほど有益か確かめるのがおすすめ。

男性で楽天PINKカードを利用される方は、迷わずにこのサービスを利用するのが良いですね。

女性向き保険「楽天PINKサポート」を付帯できる

楽天PINKカードの女性向け保険「楽天PINKサポート」では、月額500円以下の値段で、出産や女性特有の疾病などを補償してくれます。

具体的な保険内容は、以下のようになります。

保険対象 ・分娩の合併症
・流産
・乳がん
・子宮がん
・子宮筋腫
・子宮内膜症
・卵巣がん
・卵巣機能障害
補償内容 ・病気による入院で、1日につき3000円の補償
・疾病手術補償として15000円(入院中なら3万円)
・放射線治療1回につき保険金として3万円

また月々の保険料は年齢によって変わり、以下のようになります。

年齢(才) 月々の保険料(円)
18~19 40
20~24 80
25~29 170
30~34 260
35~39 290
40~44 280
45~49 330
50~54 410
55~59 570
60~64 860
65~69 1320

ほとんどの年代において、月々500円以下で上記のような対象を保証してくれるのは、楽天PINKカードが「女性向け」と言われる所以。

女性にとってこれほど安心して利用できるクレジットカードはそう多くはありません。

また家族の内の男性が楽天PINKカードを持っていても、この付帯保険を付帯することも出来るため、この利便性も大きなメリットの1つですね。

④nanacoチャージでポイントゲット

通常の楽天カードと同様に楽天PINKカードは電子マネーとも相性がいいです。

電子マネーnanacoにクレジットチャージができ、チャージ分でもクレジットのポイントが貯まります。

チャージでもしっかり1%ポイントがつくのが嬉しいですね。

ただし国際ブランドはJCBを選択しないと、nanacoチャージできないので気を付けてください。

楽天PINKカードの2つのデメリット

楽天PINKカードのデメリットは、デザインがピンクしかないことと、切り替えに1000円の手数料がかかることです。

詳しく解説します。

カードのデザインカラーがピンクしかない

楽天PINKカードのデザインは主に以下の3パターンです。

  • ピンク基調のスタンダード
  • ピンクと白基調のパンダのデザイン
  • ピンク基調のディズニーデザイン(ミッキーorミニー)

女性からすればどれも可愛いデザインのため、お気に入りの一枚が選べるはずですが、男性にとっては少し困るデザイン。

実際に利用している方でも「想像以上にピンクが照れくさい」と思っている方もおり、そこにデメリットを感じるようです。

ピンクと白基調のパンダのデザインであれば、男性が使っていてもそれほど違和感はないので、男性はパンダデザインを選ぶのがおすすめですね。

楽天PINKカードへの切り替えには手数料1000円がかかる

すでに楽天カードに加入している方で、楽天PINKカードの有料特典に魅力を感じ、切り替えを検討している方も多いですよね。

しかし、楽天カードから楽天PINKカードに切り替える場合、手数料として1000円(税抜)かかってしまいます。

これは楽天PINKカードのデメリットではありますが、有料特典をうまく利用すれば手数料1000円も月々の費用330円もすぐにもとが取れる仕組みになっています。

楽天PINKカードのライフスタイル応援サービスを利用して、払う料金よりも得をする料金を増やすようにしましょうね。

楽天PINKカードは男性でも作成可能!

楽天PINKカードは「女性向け」ですが、「女性限定」のカードではないため、男性でも利用できます。

「女性向け」と言われる部分は、カードのデザイン性と女性用保険のみ。

それ以外の有料特典はもちろん男性にとってもお得なものが多くあり、むしろ男性におすすめと言っても過言ではありません。

ただし、デザインには不満を持つ可能性が高いので、そこを我慢できる方は楽天PINKカードの入会を検討してみましょう。

楽天PINKカードの作り方

すでに楽天カードを持っている場合はPINKカードに切り替えor解約

すでに楽天カードを持っている方は、「楽天のサイトからPINKカードへの切り替えをする」か「今もっている楽天カードを解約して新しく楽天PINKカードを申し込む」のいずれかでPINKカードを申し込みましょう。

個人的には楽天カードから切り替えると手数料1000円がかかってしまうので、一旦解約してしまった方がいいかなと思います。

楽天カードの切り替えする場合の手順

まず、楽天カードから楽天PINKカードへの切り替え手続きをします。切り変えには手数料1000円がかかるので注意してくだい。

また、国際ブランドを切り替えることはできません。

●楽天PINKカードへの切り替えの手順

  1. 公式ページより楽天PINKカードを申し込むクリック
  2. 楽天会員の方をクリック
  3. 保有している楽天カードの情報を入力する画面に切り替わるので、今もっている楽天カードのカード番号と有効期限を入力

これで楽天カードから楽天PINKカードに切り替わります!

楽天カードを一旦解約して再申し込みをする手順

今持っている楽天カードを解約して、新たに楽天PINKカードを申し込む方法です。

手数料がかからない分、こちらの方がお得ですね。

新しくカードを作り直すので、国際ブランドの変更をすることもできます。

楽天カードはコールセンターから解約可能で、営業時間に気をつけて9:30~17:30までの間に電話しましょう。

また、再申し込みをする際、カードを解約しても楽天会員のままなら、貯まったポイントはそのまま使うことができます。

楽天カードを初めて申し込む際の手順

  1. 楽天カードの公式HPから、楽天PINKカードを申し込むをクリック
  2. 楽天会員でない方をクリック
  3. 基本情報を入力(ブランド選択・名前・性別・生年月日・住所など)
    この時に楽天PINKカードを選択します
  4. ETCカードが必要な方、家族カードが必要な方は申し込むにチェック
  5. 楽天会委員パスワードを入力する
  6. 口座の振替手続きをする

これで申込みは完了です!

ちなみに楽天会員だとIDとパスワードを入力すれば、基本情報を入力する必要はありません。

まずカスタマイズサービスを付けずに楽天PINKカードを試してみるのがおすすめ

楽天カードの加入を検討している方は、まずは楽天PINKカードに入会するのがおすすめです。

有料特典は必ず利用しなければならないわけではなく、特典無しで利用することもできます。

上で説明した3つの有料特典は自分に必要なだと感じたときに申し込めば良いので、とりあえず楽天PINKカードに入会してみてから特典を行使するか悩むのが良いです。

また、優待特典は2ヶ月間の試用期間も儲けているため、一度利用してから本当に自分にとって必要なのか確かめられます。

自分なりの検討をして、必要だと思った特典を必要なときに適用するために、まずは楽天PINKカードに入会しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました