ライフカードchでキャッシングする方法!金利・返済方法は?

ライフカードch

ライフカードchは独自の審査基準を設けているため「過去に支払い延滞した方」や「審査が不安な方」から人気のあるカードになっています。

しかし審査基準が低いことから「キャッシングすることはできるのかな…」と悩まれる方が多いのではないでしょうか?

この記事ではライフカードchのキャッシングについて解説していきます。

ライフカードchでキャッシングはできない

ライフカードchではキャッシングができません。

他社のカードの場合は「年収が低いからできない」「申し込んでいないからできない」という場合が多いのですが、ライフカードchの場合は誰でもキャッシングができません。

そのためキャッシングを利用したい方はライフカード以外のカードに申し込むようにしましょう。

ライフカードchでキャッシング枠がない理由

ライフカードchにキャッシング枠がない理由は「審査基準が低く設定されている」からです。

ライフカードchは独自の審査基準を設けているため「過去に支払い延滞経験がある方」「初めてクレジットカードを利用する方」「ライフカードの審査に落ちた方」でも審査に通ることができます。

そのためキャッシング枠を設けておらず、ショッピング限度額も「30万円」までに設定されています。

※場合によっては200万円まで引き上げることが可能。

ライフカードではキャッシングできる

ライフカードでは「200万円」までのキャッシングが可能になっています。

年会費無料のクレジットカードでは十分な金額になっているでしょう。

ただし入会審査の際に限度額は決められるため誰でも200万円までキャッシングできるわけではありませんが、発行してから限度額を引き上げることができます。

ライフカードでキャッシングする方法

ライフカードでは「ATM」「インターネット」「電話」でキャッシングを利用できます。

具体的な利用方法を解説します。

ATMでキャッシングする方法

ライフカードでは提携金融機関やコンビニ・スーパーに設定している「ATM」でキャッシングできます。

ライフカードのキャッシングを利用できるATMは全国に「14万台」以上設置されているため、お住まいの近くに対象のATMが設置されている可能性は高いでしょう

そして1万円単位から利用できます。

キャッシングできる提携金融機関やATMを設置しているコンビニは下記の通りです。

「金融機関」

・ゆうちょ銀行
・MIZUHO
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行

「コンビニ・スーパー」

・セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカードー)
・ローソン銀行(ローソン)
・Enet(ファミリーマート・サークルKサンクス・ミニストップ)
・イオン銀行(イオンモール・マックスバリュ)

さらに「VISA」「MasterCard」「JCB」の国際ブランドが付いているカードでは海外の100万台以上の提携ATMでキャッシングすることが可能です。

※ATMを利用する場合はカードの暗証番号が必要です。

インターネットでキャッシングする方法

ライフカードでは「インターネット」から申し込むことができます。

インターネットで申し込む場合は「LIFE-Web Desk(会員専用Webサービス)」にログインする必要があり、24時間申し込むことが可能です。

平日の0:00から10:00までに申し込むと当日の16:00頃までにカード利用代金の引落し金融機関口座に振り込んでもらえます。

土日祝や平日10:00以降の申し込みの場合は翌営業日の振り込みになるため、すぐに現金が欲しい方は平日の10:00までに申し込みましょう。

そしてインターネットで申し込むと1万円以上から1円単位で利用できるので、細かい金額を希望することもできます。

※LIFE-Web Deskに登録されていない方は登録する必要があります。

電話でキャッシングする方法

ライフカードでは「電話」でも申し込むことができます。

自動音声のガイダンスに沿って申し込みをするだけなので至って簡単です。

電話番号と受付時間は下記の通りです。

電話番号:045-914-7003
受付時間:8:00~23:00

暗証番号をわからない場合は自動音声ではなくオペレーターにつなぐ必要があります。

時間帯によっては電話が混み合っている場合もあるため、お時間に余裕を持って問い合わせるようにしましょう。

※詳しい混雑状況は「ライフカード公式サイト」より確認できます。

ライフカードの金利

ライフカードのキャッシングで適応される金利は「15〜18%」です。

キャッシング利用金額が100万円未満の場合は「18%」が適応されて、100万円以上の場合が「15%」が適応されます。

ただし「ライフカードゴールド」や「トッピングカード」では金利が「15%」未満に設定されています。

そのため金利を重視するのであれば「ライフカードゴールド」や「トッピングカード」に申し込むことも1つの方法です。

ライフカードの返済方法

キャッシングで利用した金額は、指定の金融機関口座に一括で支払う必要があります。

リボ払いや分割払いはできないので注意してください。

そしてキャッシングとショッピングの締め日と支払日は異なります。

締め日と支払日は下記の通りです。

キャッシング:末締め・翌月支払い開始
ショッピング:毎月5日締め・当日支払い開始

支払いは指定の金融口座に請求月27日または請求月翌月3日に一括で支払う必要があります。

ライフカード以外でキャッシングできるおすすめカード

ライフカードchではキャッシングすることができないため、キャッシングを希望する方はライフカードもしくは別のクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

審査基準が低く設定されているカードをいくつかご紹介します。

dカード

dカードはドコモのクレジットカードとして人気があるのですが、ドコモユーザー以外の方でもメリットが多いカードになっています。

そんなdカードではキャッシングすることが可能で、利用可能限度額は「5万円〜90万円」に設定されています。

金利は「18%」に設定されているため少し高いですが、年会費無料のカードでは十分の金額でしょう。

そしてdカードの申し込み資格は「18歳以上(高校生を除く)方」になっているため、比較的申し込みやすいです。

審査基準は公表されていないですが、審査に通りやすくキャッシングもあるカードを希望する方は「dカード」がおすすめです。

エポスカード

エポスカードは「即日発行」に対応してカードとして人気を集めているのですが「即日発行=審査の時間が少ない」と考えることができるため比較的審査には通りやすいです。

さらに申し込み資格も「18歳以上(高校生は除く)の方で日本国内に居住されている方」と決められているため申し込みもしやすいです。

そんなエポスカードでもキャッシングすることが可能で、初めて利用した日から30日間は金利が「0円」です。

そしてキャッシングする際も返済する際も手数料が発生しないため、他社のカードよりもお得に利用できます。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードは「Tポイント」が貯まりやすいカードとして人気があり、「PayPay」を利用されている方は発行しておきたいカードです。

そんなYahoo!JAPANカードでもキャッシングすることが可能ですが、利用可能限度額は公表されていません。

金利は「18%」に設定されていて、国内でも海外からでも利用できます。

そしてYahoo!JAPANカードも審査に通りやすく、申し込み資格も「18歳以上(高校生は除く)方」と決められているため、申し込みもしやすいカードです。

以上のように審査に通りやすく年会費無料でキャッシングできるクレジットカードは数多くあるため、キャッシングを利用したい方はライフカードchではなく他のカードを発行しましょう。

ライフカードchの魅力

ライフカードchではキャッシングできませんが、クレジットカードとしては非常に魅力的なカードになっています。

ライフカードchのメリットをいくつかご紹介します。

付帯している保険が豊富

ライフカードchには「海外旅行傷害保険」「国内旅行傷害保険」「シートベルト傷害保険」が付帯しています。各保険の補償内容と補償額は下記の通りです。

「海外旅行傷害保険」

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用等 200万円
個人賠償責任保険 2,000万円
携行品損害 20万円

国内旅行傷害保険」

傷害死亡 最高1,000万円
傷害後遺障害 40万円〜1,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円

「シートベルト傷害保険」

死亡 200万円
重度後遺障害 200万円

以上でお伝えした保険は全て「自動付帯」になります。

自動付帯はライフカードchで支払いをしていなくても保険が適応されるシステムになるため、ライフカードchは所持しているだけで価値のあるカードです。

キャッシングは他のカードで行い、付帯保険のためにライフカードchを所持しておくのも1つの方法です。

弁護士無料サービスが付帯している

ライフカードchには「弁護士無料相談サービス」が付帯しています。

無料弁護士相談サービスとは、電話もしくは対面で弁護士に法律に関する相談できるサービスになります。

時間は「1時間」と決められていますが、無料で相談できることは大きな魅力でしょう。さらにライフカード株式会社と提携している弁護士事務所なので安心です。

キャッシングしたい方はライフカードch以外のカードを発行しよう

ライフカードchではキャッシングを利用できません。

審査基準を低く設定しているためキャッシング枠が元々設けられておらず、ショッピングの限度額も低く設定されます。

ただしライフカードchには自動付帯の保険が3種類も付帯しているため、所持しているだけでも価値があります。

そのためキャッシングは他のカードで行い、特典や保険のためにライフカードchを所持しておくもの1つの方法です。

1枚のクレジットカードでキャッシングしたい方は、ライフカードもしくは上記でお伝えしたカードに申し込みましょう。

タイトルとURLをコピーしました