MUFGカード・プラチナ・アメックスの海外旅行保険・国内旅行保険の補償額を解説!他社プラチナカードとの比較も

「MUFGカード・プラチナ・アメックスの海外旅行保険・国内旅行保険の内容が気になる」
「他のプラチナカードと比べてMUFGカード・プラチナ・アメックスはどうなのか知りたい」
そうお考えではないでしょうか。

MUFGカード・プラチナ・アメックスはプラチナカードの中でも、犯罪被害傷害保険など独自の保証が自動付帯になっており、治安の悪いところなどでも適用できるのが特徴です。

この記事ではMUFGカード・プラチナ・アメックスの海外・国内旅行保険の補償額はどうなのか、その適用条件なども詳しく解説し、他社カードとも比較します。

この記事を読めば、MUFGカード・プラチナ・アメックスの保証内容がわかり、自分がそのカードを持つべきなのかどうか判断する材料になりますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの海外旅行傷害保険

MUFGカード・プラチナ・アメックスの海外旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

補償内容 補償額
傷害死亡・後遺傷害 最高1憶円(自動付帯5000万円)
傷害治療・疾病治療費用 200万円
賠償責任費用 3000万円
携行品損害限度額 50万円
救済者費用 200万円

MUFGカード・プラチナ・アメックスの保険は一部自動付帯となっていることが特徴です。

自動付帯のカードであれば、保険を利用するのに条件がないため、保険が必要な場合に自由に適用させられます。

また、MUFGカード・プラチナ・アメックスの場合は本人だけではなく、家族会員もその保険の対象になることが特徴です。

それぞれの保険の内容

ではMUFGカード・プラチナ・アメックスの海外旅行傷害保険のそれぞれの内容について解説します。

障がい死亡保険・傷害後遺障がい保険

障害死亡・後遺障害とは、被保険者が旅行期間中発生した事故により負った怪我が原因で死亡、または後遺障害が残った場合に適用される保険です。

この場合には事故があってから180日以内に上記の症状があった場合に適用させることができます。

この保険は怪我によるものが原因のため、病気の場合は適用されません。

MUFGカード・プラチナ・アメックスでは自動付帯分で5000万円、利用付帯分で5000万円適用させることができます。

ただし、あまりこのような事故が起きるものではなく、利用頻度も高くないため、カードの保証内容はそれほど重要視されないことが多いです。

傷害・疾病治療費用

障害治療費用は、旅行中偶発的な事故により怪我をし、医師による治療を受けた場合に適用される保険です。

海外旅行中は伝染病のリスクがあり、比較的利用頻度が高い保険のため、保険の中でも重要視される項目です。

「海外で水道水を飲んだらお腹がいたくなってきた…」
「世界遺産を見る途中に転んでケガをした…」
そんなときに海外の病院では保険が適用できないため、海外で病院にいくと高額の治療費を請求されます。

そんな場合にクレジットカードの海外旅行傷害保険がやくにたちます。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの場合、海外旅行中の病気や怪我が原因で、病院の治療費を支払った場合に、最大200万円まで保証してくれます。

他の補償項目と比べると、利用頻度が高いため、海外旅行傷害保険の補償内容の中でも特に重要視するべき項目の一つです。

ただし、200万円という補償額は他のカードと比べると少し控えめ。

そのため、この補償を充実させる場合には別の利用付帯のクレジットカードと合わせて使うのがおすすめだと言えるでしょう。

賠償責任

賠償責任とは、偶然の事故で他人に怪我をさせる、または他人のものを壊して賠償責任を負った場合に適用されます。

例えば、車の運転中に不可抗力で他人に怪我をさせてしまった場合がこれに該当します。

ただし、これはホテルの備品やレンタル品を壊した場合などには適用されません。

MUFGカード・プラチナ・アメックスでは1回の旅行につき最大3000万円まで補償を受けることができます。

携行品損害

携行品障害とは、盗難、破損、火災など、偶発的な事故により、身の回りの品物に損壊があった場合に適用される保険です。

具体的には旅行中に常に持ち歩く、カメラや腕時計、携帯電話などが該当します。

海外旅行で盗難にあったら不安というときでも携行品損害があれば、海外旅行中に自分の荷物が盗まれたり、事故で壊れてしまったりした場合に1旅行につき、最高50万円まで補償してくれます。

ただし、自己負担で3000円かかるため、その点には注意が必要です。

救済者費用

救援車費用とは、被保険者が病気や怪我によって、親族の助けが必要になった場合に適用される保険です。

例えば、旅行中の怪我が原因で日本に帰ることが困難になった場合に来た親族の交通費やホテル代金が支払われます。

MUFGカード・プラチナ・アメックスでは最大200万円まで補償されています。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの国内旅行傷害保険

MUFGカード・プラチナ・アメックスの国内旅行傷害保険の内容は以下の通りです。

補償内容 補償費用
傷害死亡・後遺障害 5000万円
入院保険金 5000円
手術保険金 5000円
通院保険金 2000円

MUFGカード・プラチナ・アメックスの国内旅行傷害保険は海外旅行傷害保険の場合と異なり、利用付帯になっていることに注意が必要です。

利用付帯とは、そのカードの保険を適用させるのに条件があることです。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの国内旅行傷害保険は自動付帯となっており、そのカードで支払いをしていなくても、適用させられます。

海外旅行傷害保険と同様、家族会員もその保険の対象になります。

それぞれの保険の内容

では国内旅行傷害保険の内容がどんなものか、次で具体的に見ていきましょう。

傷害死亡保険・傷害後遺障がい保険

海外旅行の保険と同じく、旅行中にケガが原因で死亡・後遺障がいがのこった場合に適応される補償です。

MUFGカード・プラチナ・アメックスは最高5000万円まで補償されます。

入院保険

MUFGカード・プラチナ・アメックスは国内での旅行中に怪我で入院する場合に、1日あたり5000円の保険金がもらえます。

適応条件としては事故日含めて7日~180日までの間です。

最低でも1週間以上の入院がある場合に、補償されます。

通院保険

事故日を含めて7日以降、通院が継続している場合、180日以内のうち90日限定で通院保険がおります。
通院している状態でも普通に働ける状態なら通院保険は下りないので注意しましょう。

手術給付金

旅行中の事故によって手術が必要になった場合、MUFGカード・プラチナ・アメックスでは1日あたり入院保険金日額5000円の10〜40倍の金額を受け取れます。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの国内・海外渡航便遅延保険

「飛行機が遅れてホテルにもう一泊しなければいけなくなった」
「手荷物が届かなくて、現地で衣類などを調達しなければいけなくなった」

そんな場合に適用できるのが、国内・海外渡航遅延保険です。

MUFGカード・プラチナ・アメックスでは登場した航空便の遅延や手荷物の遅延があった場合に、上記のような場合に利用した金額を保証してくれます。

補償内容 補償金額
乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度
出航遅延費用等保険金
(食事代)
1万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
1万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度

MUFGカード・プラチナ・アメックスの場合、国内と海外両方で保険を適用させられますよ。

また自動付帯になっているため、そのカードで海外や国内旅行の飛行機や宿泊費用などを負担する必要はありません。

MUFGカード・プラチナ・アメックスのショッピング保険

MUFGカード・プラチナ・アメックスは国内外問わず、そのカードを利用して購入した商品の破損や損害について90日間補償してくれます。

本人や家族会員が対象になっており、最大で300万円の補償を受けられます。

ただし、以下の点には注意が必要です。

  • 配送中の事故の場合は対象外
  • 請求するためには売上表が必要
  • 一部補償の対象外になるものもある

MUFGカード・プラチナ・アメックスの犯罪被害傷害保険

犯罪被害傷害保険とは、国内外で第三者により起きた犯罪行為で怪我や損害をおった場合に、適用できる保険です。

補償内容 補償金額
死亡・後遺障害(最高額) 1,000万円
入院保険金(日額)
事故日から180日限度
7,500円
手術保険金
1事故につき1回限度
7,500円×(10~40倍)
通院保険金(日額)
事故日から180日以内90日限度
5,000円

この保険を適用させる場合には、警察に被害届を提出するなど、公的機関に届け出が必要になるため、注意しましょう。

他社のプラチナカードと付帯保険を比較!MUFGカード・プラチナ・アメックスは手厚い?

「他のプラチナカードと比べると、MUFGカード・プラチナ・アメックスはどうなのか?」
ということが気になる人も多いのではないでしょうか。

簡単に保険の内容でカードを比較すると、以下のようになります。

  • MUFGカード・プラチナ・アメックスは犯罪被害傷害保険が自動付帯
  • 国内旅行も自動付帯にするならMUFGカード・プラチナ・アメックス
  • 家族特約を重視するならエポスプラチナ
  • ショッピングを充実させるなら、三井住友カードプラチナ

ではそれぞれのカードの海外・国内旅行傷害保険の内容について詳しく見ていきましょう。

MUFGカード・プラチナ・アメックスは犯罪被害傷害保険が自動付帯

MUFGカード・プラチナ・アメックスの旅行保険の大きな特徴は犯罪被害傷害保険が自動付帯になっていることです。

この保険は、国内外で犯罪によって怪我などの障害を負ってしまった場合に適用できる保険です。

この保険が自動付帯になっているため、あることで、犯罪被害にあいやすい治安の悪い国家に足を運ぶときには持っておくと心強いカードだと言えるでしょう。

国内旅行も自動付帯にする場合もMUFGカード・プラチナ・アメックス

MUFGカード・プラチナ・アメックスは国内外問わず、旅行傷害保険が自動付帯になっていることが特徴です。

その他のプラチナカードの中には、国内旅行保険の場合には、利用付帯になっているケースが少なくありません。

そのため、国内旅行保険を自動付帯にして万全の状態にしておきたい場合には、MUFGカード・プラチナ・アメックスが最もおすすめでしょう。

補償を充実させるために他のカードと組み合わせて国内補償をより充実させることもできますよ。

家族特約を重視するならエポスプラチナ

家族特約を重要視している場合におすすめなのが、エポスプラチナです。

エポスプラチナは年会費3万円で海外・国内旅行の両方で家族特約が付いています。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの場合は家族会員にも保険が適用させられるものの、家族カードを持っていない場合には適用できないため、カードを持てない18歳未満の子どもには適用させることができません。

「小さな子どもと家族と海外や国内旅行に出かけることが多い」
そんな場合には、エポスプラチナを利用するのも選択肢です。

ショッピングを充実させるなら三井住友カードプラチナ

「ショッピング保険をより充実させたい」
そのような場合には三井住友カードプラチナがおすすめです。

MUFGカード・プラチナ・アメックスでは300万円までの補償になっているのに対して、三三井住友カードプラチナでは500万円までショッピング保険が適用させられます。

それに加えて、乗り継ぎ遅延や欠航・登場不能費用・手荷物遅延や紛失にも補償を適用できる点も大きな特徴。

海外や国内でよく買い物をする場合にはおすすめですが、年会費が5万円とMUFGカード・プラチナ・アメックスと比べて3万円近く高いため、そこまでする価値があるかは他の特典と比較して決めた方がよいかもしれません。

MUFGカード・プラチナ・アメックスだけでは海外の病院代をカバーできない

「MUFGカード・プラチナ・アメックスで海外旅行傷害保険は十分なのか」気になる人もいるのではないでしょうか。

実は、MUFGカード・プラチナ・アメックスだけでは、海外でもしものトラブルが起きた場合に保証内容が十分ではない場合があります。

日本 アメリカ フランス タイ
救急車 無料 12,3000円 5,900円~7,300円+走行距離 無料
初診料 2,820円 12,400~16,400円 11,500~17,200円 3.000~4,500円
病院代1日あたり(個室) 30,000円~100,000円 204,900円 126,100円 33,500~40,100円
中垂炎の手術 60万円 1,089,200円 480,000円
骨折 200,000円 10,100~45,900円 30,000円

こちらの表を見る限り、海外の病院は初診料が非常に高いことがあります。

1日2日であればよいですが、入院するような事態になって1週間以上入院するような場合、あっという間に治療費がかさんでしまい、補償内容以上に高額な治療費がかかることも珍しくはありません。

200万円を超えるような治療費がかかってしまった場合、超えてしまった分は自腹になってしまい、非常に重い負担になる可能性もあります。

そのような事態を回避するためには、MUFGカード・プラチナ・アメックス以外のカードで補償内容を充実させるなどの対策が必要です。

カードの複数持ちで保険料を合算!

「海外旅行傷害保険の内容をもっと充実させたい」

そのような場合には、海外旅行傷害保険が付いているカードを複数所持することがおすすめです。

複数カードを所持していれば、死亡・後遺障害保険はカードの中でも最も高い補償内容のみが適用させられますが、それ以外の補償は、保険を上乗せして利用することができますよ。

そのため、海外旅行に頻繁に行くような方の場合には、複数カードを所持して、補償内容をより万全にしておくこともおすすめです。

MUFGカード・プラチナ・アメックスの海外旅行傷害保険は死亡・後遺障害保険を除いて全て自動付帯になっているため、利用付帯で無料のカードを利用すれば、年会費の負担なしで海外旅行傷害保険を充実させられますよ。

MUFGカード・プラチナ・アメックスは保険が充実している!

この記事ではMUFGカード・プラチナ・アメックスの海外旅行保険・国内旅行保険の補償額を解説!他社プラチナカードとの比較もの海外旅行傷害保険の詳しい内容について解説しました。

MUFGカード・プラチナ・アメックスは海外旅行保険や国内旅行保険の内容が充実しており、それに加えて犯罪被害傷害保険が付いていることが特徴です。

そのため、治安が悪い場所などで怪我をするリスクなどをある程度補償できるのが強みと言えるでしょう。

しかし、海外旅行を万全にしたい場合には、傷害・疾病治療費用の補償内容にやや不安があるため、より万全を期すためには、別のカードと併用させることも選択肢です。

この記事を参考に海外や国内旅行の傷害保険内容を万全にして、快適な旅行を楽しんでください。”

タイトルとURLをコピーしました