偽造クレジットカードに注意!スキミングの手口と被害を防ぐ方法

偽造クレジットカードに注意!スキミングの手口と被害を防ぐ方法 クレジットカード

2019年の4月、大阪市内で偽造クレジットカードを1600枚所持していたマレーシア人の男性が逮捕されました。

日本もキャッシュレス化に積極的な姿勢を示し、クレジットカードを申し込む方は増えています。しかし、カードの発行枚数が増えると同時に増えているのが「クレジットカードのスキミング」による被害です。

偽造クレジットカードの怖いところは、自分が被害にあったことに気づきにくい点。

クレジットカードが不正利用されたことに気づかず、高額な請求が来て初めて被害にあったことを知る…そんなケースが増えています。

偽造クレジットカードのスキミングの手口とは

「スキミング」はクレジットカードの情報を入手し、それを元に偽造クレジットカードを作って不正利用する犯罪のことです。

偽造クレジットカードを作るために、「スキマー」を使ってクレジットカードの磁気ストライプに書き込まれている情報を読み取ります。

クレジットカードの情報を盗むスキミング、以下のような場面で行われてます。

  • ATMの挿入口にスキマーを取り付ける
  • 店員が利用者のクレジットカードをスキマーで読み取る
  • 空き巣や車上荒らしをい、クレジットカードの情報を抜きとる
  • カード会社の社員や警察官になりすましてクレジットカードをスキマーで読み取る

磁気ストライプ式のクレジットカードは数十秒でスキミングが完了していまいます。

飲食での決済やデパートでの決済をするときに、クレジットカードを定員さんに渡して放置する場面もあると思いますが、その隙にカードの情報を抜き取られる被害にあう可能性も高いです。

スキミングは被害にあったこと気づきにくい

スキミングは情報さえ抜き取ってしまえば、元のカードは不要になります。これが被害者がスキミングに気づきにくい原因です。

クレジットカード本体が盗まれれば、誰でも気づきますが、クレジットカード本体があるのに不正利用されているとは夢にも思いません。

そのため、月末に利用明明細をみてから不正利用に気づくケースが非常に多いです。

スキミングによる被害を受けないための対策

スキミングで被害を受けないためには、クレジットカードを紛失しないことはもちろん、以下のような対策が有効です。

  • ICチップ搭載のクレジットカードを利用する
  • 細目に利用明細を確認する
  • バレにくい暗証番号を設定する
  • 機械にスキマーが付けられていないか確認する
  • 店頭で支払いは常に自分の目に届く範囲で

対策をしていてもスキミングを100%防げるわけではありません。

どれだけ気を付けていても、窓をたたき割われたら防ぎようがありませんし、スキマーが端末の内側に取り付けられていた場合は目で確認することができません。

しかし100%防ぐことはできなくても。被害にあう確率を各段に下げることはできます。

ICチップ搭載のクレジットカードを利用する

最近はICチップ搭載のクレジットカードがほとんどです。

020年には日本で発行するすべてのクレジットカードがICチップ搭載のクレジットカードになるので、新規で申し込む方は心配いりません。

ICチップ搭載のカードも不正に読み取られる可能性がないわけではありませんが、スキミングに時間がかかるため磁気スとライプ型のカードに比べてスキミングのリスクは減ります。

バレにくい暗証番号を設定する

ICチップを搭載しているクレジットカードでも暗証番号が漏れてしまうと、クレジットカード会社に不正利用による損害を請求しても補償がされません。

三井住友カードの公式サイトには会員の過失による不正利用については補償対象外になると明記されています。

補償対象とならないケース

以下のような取引については、補償対象とはなりません。

1.会員の故意または重大な過失に起因する損害6.カードショッピング、キャッシングリボおよび海外キャッシュサービス取引などのうち暗証番号の入力を伴う取引についての損害(ただし、弊社に登録されている暗証番号の管理について、会員に故意または過失がないと弊社が認めた場合はこの限りではございません。)

ー引用:三井住友カード公式サイトカード 不正利用発生時の補償について

例えば、クレジットカードの暗証番号を自分の生年月日は電話番号の下4桁などにしている場合、「第3者に推測できる数字を使っている利用者の過失だ」と判断されて、補償が適応されない可能性があります。

他人から簡単に推測できてしまうような暗証番号は設定しないようにしましょう。

また、暗証番号を忘れないように分かりやすい場所にメモを残すのも避けましょう。

機械にスキマーが付けられていないか確認する

外側にスキマーが取り付けられていれば、目で確認することができます。

ATMにスキミング装置が付けられていると、普段の挿入口よりカードの差し込み口が狭くなっています。

内側にスキマーが付けられている場合は気づきにくいですが、ATMやセルフレジの外側に取り付けられていケースは気づくことができます。

不審な機械が取り付けられていないか、他の機械と見比べて確認するようにしましょう。

店頭で支払いは常に自分の目に届く範囲で

磁気ストライプのスキミングは一瞬でできてしまいます。

レストランでの会計時に席で店員にクレジットカードを預けて、バックヤードに持っていかれることもあるのでしょう。

しかしセキュリティ面から言えば、カードから目を離すのは危険です。

数秒目を離しただけでも、スキマーに通すことができてしまいます。クレジットカードを使うときは、財布から出してからしまうまで目を離さないようにしましょう。

細目に利用明細を確認する

不正利用されたとしてもカード会社の補償期間内であれば、補償が適応されます。

一般的なクレジットカードであれば、被害から60日前までの損害であれば補償をしてくれます。

しかし、対象期間をすぎてしまうと、カードの名義人が全額支払いをしなくてはいけません。

「利用明細をたまにしかみない」「毎月いくら引き落とされているのか知らない」という方は要注意。被害にあったことに気づかないでしょう。

不正利用ときに備えて、細目な利用明細確認が必要です。

もし偽造クレジットカードで不正されてしまったら…

対策をしていても100%安心なワケではありません。

スキミングの機械も時代とともに進化しており、近年ではパッと見では分からないほど薄型なものも登場しています。

また、第三者に特定されにくい暗証番号を設定していても、監視カメラで暗証番号を盗まれてしまえば被害にあいます。

そういったスキマーや監視カメラでカードの情報を抜き取られることもあり、対策をしても被害にあってしまう可能性は十分にあります。

もし偽造クレジットカードが作られてしまったらどう対策したらいいのか?その対処法を紹介します。

すぐにクレジットカード会社に連絡をする

明細を確認して少しでも違和感があったら、すぐにカード会社に連絡しましょう。

カード会社に連絡すれば、クレジットカードの利用を停止してくれるので、不正利用を止められます。

偽造されてしまった元のクレジットカードは今後利用することができませんが、被害額が増えるよりましでしょう。

定期的に利用明細を確認して、自分が使った以上に決済がされていればすぐにカード会社に連絡しましょう。

偽造クレジットカードの補償を受ける

クレジットカード会社は盗難や紛失されたときに60日以内であれば被害額を補償してくれます。

すべてのクレジットカードには、盗難・・紛失時の保険が付帯されていますが、偽造クレジットカードによる不正利用は補償対象外になっているクレジットカードも多いです。

ここでは偽造クレジットカードの不正利用であっても補償をしてくれる主なクレジットカード会社を紹介します。

三井住友カード

三井住友カード

三井住友カード
カード年会費 初年度無料
1,250円+税
ETC年会費 実質無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 国内・海外保険が自動付帯
  • カード発行まで最短3日
  • 安心のセキュリティ

三井住友カードは会員規約で偽造クレジットカードによる支払いの責任は会員にないと明記しています。

第13条(紛失・盗難、偽造)

3.偽造カードの使用に係る債務については、本会員は支払いの責を負わないものとします。この場合、会員は被害状況等の調査に協力するものとします。

ー引用:三井住友カード会員規約

ただし、以下の条件があります。

  • 会員に故意・過失がないこと
  • 暗証番号を扱わない取引のこと(キャッシングは不正利用されても補償対象外)
  • 補償対象になるのは届け出から60日前まで
  • 警察に届け出ること

三井住友カードは銀行が発行しているカードだけあって。セキュリティ対策も安心感も抜群です。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
カード年会費 永年無料
ETC年会費 540円
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 満18歳以上
  • 還元率が常に1.0%以上
  • 楽天市場でポイント還元率3.0%以上
  • カード年会費無料

楽天カードも偽造クレジットカードによる不正利用の被害は、カード会社が補償してくれます。

第17条(カードの紛失・盗難、偽造、再発行)

4.偽造カードの使用に係るカード利用代金については、会員は支払の責を負わないものとします。

ー引用:楽天カードカード会員規約

届出でから60日前までの被害にあった金額を補償してくれれます。

なお、三井住友カード同様に本会員に故意や過失があった場合は補償対象外になります。

三菱UFJニコス

VIASOカード

VIASOカード
カード年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 1000円+税
還元率 0.5%
電子マネー
  • 貯まったポイントは自動的にキャッシュバック!
  • 海外旅行傷害保険が最高2000万円付帯
  • 最短翌日営業日発行

三菱UFJニコスが発行するNICOSカード会員規約には、偽造カードの支払い責任は本会員にないとしています。

第12条(カードの盗難・紛失・偽造等)

偽造カードの使用に係るカード利用代金については、本人会員は支払いの責を負わないものとします。この場合、会員は被害状況の調査等に協力するものとします。

ー引用:NICOSカード会員規約

偽造クレジットカードによる補償を受けるにはいずれのカードでも、本人に故意・過失がないことが条件です。

補償がされるカードだからといって、対策をしなくていいわけではありません。

日頃からクレジットカードの取り扱いには注意しておきましょう。

偽造クレジットカードで不正利用されても補償されないケース

三井住友カード・楽天カード・ニコスカードなど偽造クレジットカードの補償を行っているカード会社でも、以下にあてはまるときは補償対象外としています。

  • クレジットカードを他人に譲渡したとき
  • クレジットカードの暗証番号で決済したとき
  • カードの裏面にサインがないとき
  • 警察に届け出ていないとき

補償がされるカードを持っていても注意しましょうね。

カード会社でスキミングの補償はしないと定められているカード

クレジットカード会社の利用規約で「偽造クレジットカードは不正利用補償の対象にならない」クレジットカードも多いです。

偽造クレジットカードの補償はしません!と分かりやすく名言しているわけではなく、以下のように示しています。

第13条 (カードの盗難・紛失の場合の責任と損害のてん補)

1. 万一会員がカードを盗難、詐取もしくは横領(以下「盗難」と総称します。)され、又は紛失した場合は、速やかに当社に電話等により届出のうえ、所定の喪失届を提出していただくと共に、所轄警察署へもお届けいただきます。
2. カードの盗難・紛失により第三者に不正使用された場合、その代金等の支払いは会員の責任となります。
3. ただし、前項により会員が被る損害は、次に掲げる場合を除き当社が全額てん補します。
(イ) 会員の故意又は重大な過失に起因する場合。
(ロ) 会員の家族、同居人、留守人その他の会員の委託を受けて身の回りの世話をする者など、会員の関係者の自らの行為もしくは加担した盗難の場合。
(ハ) 第2条第4項に違反して第三者にカードを使用された場合。
(ニ) 当社が会員から盗難・紛失の通知を受理した日から61日以前に生じた不正使用の場合。
(ホ) 戦争、地震等による著しい秩序の混乱に乗じてなされた不正使用の場合。
(ヘ) 本規約に違反している状況において盗難・紛失が生じた場合。
(ト) 会員が当社の請求する書類を提出しない、又は提出した書類に不正の表示をした場合、あるいは被害調査に協力をしない場合。
(チ) カード使用の際、登録した暗証番号が使用された場合。ただし、当社に責がある場合は除きます。
4. カードの再発行は、当社が適当と認めた場合に行います。この場合、当社所定の手数料を申し受けます。

ー引用:UCカード会員規約

偽造クレジットカードについて記載がないんですね。会員規約に偽造クレジットカードについての文言がない場合は偽造クレジットカードの被害は補償されません。

自分がカードを申し込む際によく会員規約を確認しておきましょう。

会員の故意や過失がない

会員の故意や過失とは例えば以下のパターンは当てはまります。

  • 家族や恋人友人にカードを貸して不正利用をされた
  • 暗証番号が第三者に推測される(誕生日・電話番号・車のナンバープレート)

「クレジットカードは他人に貸さない」「暗証番号は誰にも教えない」この2点を徹底して、不正利用時に泣き寝入りすることがないようにしましょう!

偽造クレジットカードの被害を受けない対策をとろう

クレジットカードでの支払いが当然になっている現在、スキミングによる被害を受ける可能性は誰にでもあります。

偽造クレジットカードによる不正利用を防ぐために、自分でできる対策はしっかり行っておきましょう。

  • ICチップ搭載のクレジットカードを利用する
  • 細目に利用明細を確認する
  • バレにくい暗証番号を設定する
  • 機械にスキマーが付けられていないか確認する
  • 店頭で支払いは常に自分の目に届く範囲で

万が一に備えて、偽造クレジットカードでも補償対象になっているクレジットカードを申し込むと安心ですよ。

タイトルとURLをコピーしました