三井住友カードゴールドの審査に年収はどれくらい必要?審査基準と難易度を解説!

三井住友VISAゴールドカードの審査に年収はどれくらい必要?審査基準と難易度を解説! 三井住友カードゴールド

「三井住友カードゴールドの審査で必要とされる年収はいくら?」
「審査が厳しいってどれくらい?」

三井住友カードゴールドは特典やステータスを求める人にピッタリのクレジットカードです。

しかし、所有希望者にとってネックになるのが審査の厳しさ。

大手銀行が発行するゴールドカードだけあって、審査は厳しめです。そのため「審査通過に年収はいくらぐらい必要なのか?」と考える方も多いでしょう。

そこで今回は、三井住友カードゴールドの審査通過に必要な基準や年収について詳しく解説していきます。

  1. 三井住友カードゴールドの審査基準
    1. 申し込み資格は満30歳以上で安定継続収入があること
      1. 学生は不可
      2. 専業主婦・専業主夫も不可
    2. 三井住友カードゴールドの審査の年収目安は300~500万円ほど
    3. 三井住友カードゴールドの審査難易度は厳しい?甘い?
      1. 不可能な審査難易度ではない
  2. 三井住友カードゴールドの審査に通過するために必要なポイント
    1. 年収300~500万円ない方は三井住友カードのクレヒスを積む
    2. 多重申し込みをしない
    3. 年収の3分の1以上の借入をしない
    4. キャッシング枠は0円で提出しよう
  3. 三井住友カードゴールドの審査落ちする人の特徴
    1. 三井住友カードゴールドの審査に落ちてしまったら?
  4. 三井住友カードゴールドの審査にかかる時間は?
  5. 三井住友カードゴールドは三井住友カードからのインビテーションを目指すのも可
    1. 三井住友カードプライムゴールドならゴールドへの自動的なランクアップが可能
    2. 三井住友カードゴールドは三井住友カードプラチナへもランクアップする
  6. 三井住友カードゴールドの基本情報
  7. 年収300万円程度でも審査に通るゴールドカードは?
    1. 審査が甘いゴールドカード!MUFGカードゴールド
    2. オリコカード・ザ・ポイントプレミアム・ゴールド
  8. 三井住友カードゴールドの審査通過に必要な年収は300~500万円

三井住友カードゴールドの審査基準

三井住友カードゴールド

三井住友カード ゴールド
カード年会費 初年度無料
通常1万円(年会費割引あり)
ETC年会費 550円
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 国内外の空港ラウンジ無料
  • 条件を満たせば年会費は半額で持つことができる
  • ボーナスポイントが通常の2倍

審査が厳しいと言われている三井住友カードゴールド。

厳しいといっても、一体どれくらいの条件を求められているのか気になるところですよね。

ここでは、三井住友カードゴールドの審査通過に必要な申し込み条件や年収について見ていきましょう。

申し込み資格は満30歳以上で安定継続収入があること

三井住友カードの公式サイトに記載されている申し込み条件は「満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」です。

加えて「ゴールドカード独自の審査基準により発行」との記載がありますが、その内容は説明されていません。

2つの条件から、三井住友カードゴールドの審査難易度は高めだと分かります。

ゴールドカードで満30歳以上からしか持てないのは、三井住友カードゴールドぐらいではないでしょうか。

学生は不可

三井住友カードゴールドの申し込み資格は「満30歳以上で本人に安定した継続収入があること」のため、学生の方は申し込みができません。

学生で銀行系のゴールドカードが欲しい方は「三井住友カードデビュープラス」「三井住友カードプライムゴールド」「MUFGカードゴールド」を検討しましょう。

三井住友カードデビュープラスは25歳以下が持てるクレジットカードで、26歳になると三井住友カードプライムゴールドに、30歳になると三井住友カードゴールドに切り替わります。

また、三井住友カードプライムゴールドは、若年層向けのゴールドカードです。30歳になると自動的に三井住友カードゴールドに切り替わります。

専業主婦・専業主夫も不可

自信に安定した収入のない専業主婦・専業主夫の方は残念ながら三井住友カードゴールドの審査に通過することは難しいでしょう。

ゴールドカードでも「安定収入の条件」に加えて「本人に」という文言があるカードは、配偶者に収入があっても審査には通過できません。

アルバイト・パートをしていても、安定収入とは認められない可能性が高いです。

三井住友カードゴールドの審査の年収目安は300~500万円ほど

三井住友カードゴールドの年収基準は正確に発表されていませんが、およそ300~500万円が必要だとされています。

令和元年9月に国税庁の発表した「平成30年度分民間給与実態統計調査」によると、給与所得者の平均給与は441万円。

参照:平成30年分民間給与実態統計調査結果について

およそ平均的な収入を得ていれば、審査通過に必要な年収条件はクリアできると考えられます。

確実に審査に通過したいなら年収500万円は欲しいところです。ただし、カードの審査は年収だけではなく、勤続年数や既婚・未婚・持ち家の有無・借入状況・勤務先の規模などを総合して審査されます。

年収300万円台であっても、大手企業や公務員勤めだったり、勤続年数が長かったりと他の属性がよければ審査に通る可能性はあります。

三井住友カードゴールドの審査難易度は厳しい?甘い?

結論から言えば、三井住友カードゴールドは審査難易度の高いカードです。

クレジットカードには、銀行系・交通系・信販系・流通系・消費者金融系などに分類され、三井住友カードゴールドはこの中でも一番難易度の高い銀行系に属します。

カードの種類 発行している機関 主なクレジットカード 審査難易度
銀行系クレジットカード 銀行 三井住友カード 高め
交通系クレジットカード 航空会社・JRなど ANAカード・ビューカード やや高め
信販系クレジットカード 信販会社(オリコ・ジャックスなど) オリコカード・REXカード 普通
流通系クレジットカード 小売業者・ネット流通系 イオンカード・楽天カード 比較的易しい
消費者金融系クレジットカード 消費者金融 アコムACマスターカード 独自基準

一般的に銀行系のクレジットカードの審査は厳しく、流通系や消費者金融系のクレジットカードの審査難易度は比較的易しい傾向にあります

さらに、数ある三井住友カードの中でもゴールドは最も審査の厳しいプラチナの次に位置します。

不可能な審査難易度ではない

銀行系のゴールドカードだからといって、不可解な審査難易度を想像する方もいらっしゃるかと思いますが、そうではありません。

提示される条件をクリアし、クレジットカード全般に共通する注意すべきポイントに気を付ければ、審査通過もそう難しいことではないでしょう。

三井住友カードゴールドの審査に通過するために必要なポイント

ここでは実際に三井住友カードゴールドの審査通過に抑えておくべきポイント5つについて解説していきます。

年収300~500万円ない方は三井住友カードのクレヒスを積む

申し込み時点で予想される必要年収に達していないのなら、申し込み条件や審査難易度の低い他の三井住友カードゴールドでクレヒスを作り、実績や信頼を積み上げてからゴールドカードの審査を受けるのも1つの方法です。

以下はクレヒスを積むのにオススメのカードです。

  • 三井住友カード
  • 三井住友カードA
  • 三井住友アミティエカード

いずれも申し込み条件は「高校生を除く満18歳以上」。

これらのカードをメインカードとして利用し、遅れのない支払いと完済実績を重ねれば信頼されるクレヒスが作られます。

多重申し込みをしない

クレジットカードに申し込みをすると「個人信用情報機関」に6ヶ月間申し込みの記録が残ります。

履歴が記載される間に2~3枚以上カード申し込みをすると「多重申込」と見なし、審査通過の足かせまたは落ちる原因になります。

多重申し込みをする方はクレジットカード会社から「お金に困っている人」「カードを波高しても自社のカードを使ってくれないかもしれない」と判断するためです。

年収の3分の1以上の借入をしない

年収の3分の1以上またはそれに近い借金をしていると、審査に影響があります。

貸金業法では「総量規制」といって、貸金業者が利用者に対し「年収の3分の1以上の貸付すること」を禁止しています。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象にはなっていませんが、キャッシング枠は総量規制の対象です。

つまり、クレジットカード会社では総量規制が適用されるキャッシング枠を申し込み者が、年収の3分の1以上他社で借入を行っていると審査に通過させることができません。

複数のクレジットカードを持たない、キャッシングをしないなどを心がけ、なるべく借入はしないようにしましょう。

キャッシング枠は0円で提出しよう

審査に通過する可能性をアップさせるためには、キャッシング枠は0円で申請しましょう。

理由は、キャッシング枠を希望するとショッピング枠と別の審査が必要になり難易度がアップするからです。

また総量規制の対象にもなってしまいますので、チェックさせる項目が増えます。

三井住友カードゴールドのインターネット申し込み画面には、「お借り入れ希望枠」のキャッシング項目があり選択欄が用意されています。

キャッシング枠を付けないなら「その他」を選択してください。

三井住友カードゴールドの審査落ちする人の特徴

三井住友カードゴールドの審査落ちの1番の原因は、クレヒスに問題があった場合です。

クレヒスの問題とは自己破産・債務整理・代位弁済・強制解約・延滞などの金融事故。

これらの傷は申し込み者の信用を著しく低下させ、「クレジットカードを発行してもきちんと支払わないかもしれない」という懸念を生み出します。

三井住友カードゴールドの審査に落ちてしまったら?

三井住友カードゴールドの審査に落ちたなら、問題点を改善してから再チャレンジに挑みましょう。

  • 年収が基準に達してない……他の三井住友カードを作り実績を積む
  • 多重申込をした……6ヶ月以上経過してから再度申し込む
  • 借入が多い……少しでも借入を減らす・使っていないカードは解約しておく

三井住友カードゴールドの審査にかかる時間は?

三井住友カードゴールドの審査の最短時間は当日中。支払口座設定まで完了できるインターネット申し込みでは翌営業日発行が可能としています。

ただし、クレヒスに問題がない、申し込みを19時30分までに済ませているなど、いくつか条件があります。

三井住友カードゴールドは三井住友カードからのインビテーションを目指すのも可

三井住友カード・三井住友カードA・三井住友アミティエカードなどの三井住友カードを利用し続けていると、審査なしでゴールドカードが持てるインビテーションが届くことがあります。

インビテーションが発行される条件は次の2つです。

  • 年間利用金額が50万以上ある
  • 三井住友VISAカードの利用履歴が1年以上ある

これらの条件が整った上に支払い状況に問題がないことが必須。

三井住友ードを利用してクレヒスを積んで、自分の意思でゴールドに挑戦する方法もありますが、三井住友カードゴールドへのインビテーションを期待しながら三井住友カードを利用する方法もあります。

三井住友カードプライムゴールドならゴールドへの自動的なランクアップが可能

三井住友カードプライムゴールドは、「満20歳以上30歳未満・安定継続収入のある方」を申し込み条件としているプロパーカード。

三井住友カードプライムゴールド

三井住友カード プライムゴールド
カード年会費 初年度無料
次年度以降5,000円(税別)
優待条件で1,500円まで割引可能
ETC年会費 実質無料
ETC発行手数料 無料
還元率 0.50%~2.50%
電子マネー

 

  • 更新時にゴールドカードに自動的にランクアップ
  • 一流ホテル予約プランあり
  • 「プレミアムグルメクーポン」プレゼント

既述のクラシックカードやクラシックカードAよりは審査基準が厳しいとされていますが、20代のうちにプライムゴールドを所有していると、30歳を迎えたタイミングで自動的にゴールドカードへ切り替えがなされます。

ただし、切り替えは所定の審査を通過するのが条件ですので、普段からクレヒスに傷がつかない利用を続けることが大切です。

三井住友カードゴールドは三井住友カードプラチナへもランクアップする

三井住友カードゴールドの上には最上級カードのプラチナが存在します。

申し込み条件はゴールドカードと同じ「満30歳以上・安定継続収入」ですが、利用可能枠に大きな違いがあるため、ゴールドよりも高い年収を求められるのは間違いないでしょう。

  • プラチナ…ショッピング枠原則300万円~ キャシング枠0~100万円
  • ゴールド…ショッピング枠50~200万円 キャッシング枠0~50万円

なお、プラチナカードはゴールドカード利用者がインビテーションを期待するのも可能ですが、インビテーションなしで自ら申し込みも可能です。

三井住友カードゴールドの基本情報

三井住友カードゴールドはプラチナに次いでグレードの高いクレジットカードです。

通常年会費は10,000円と少々高めではありますが、リボ払いやWEB明細の設定で半額の年会費で持つことができます。

その他、ゴールドカードらしい以下の特典も付帯しています。

  • 空港ラウンジが利用できる
  • 最高5,000万円の海外旅行・国内旅行保険
  • 年間300万円までのショッピング補償
  • 24時間医師や看護師に相談できるドクターコール24
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング補償
最高5,000万円 最高5,000万円 年間300万円まで
宿泊予約・空港ラウンジ ドクターコール24 ゴールドデスク

旅行する機会の多い人にとって安心な海外・国内旅行保険。

三井住友カードゴールドでは共に最高5,000万円の補償がありますが、そのうち1,000万円は自動付帯分、4,000万円は利用条件分として割り当てられています。

また他には、国内主要空港のラウンジの無料利用、「Relux(宿泊予約サービス)」が提供しているホテルや旅館の割引きサービスがあります。

旅行中のホテルの手配相談など困り事があれば三井住友カードゴールド専用デスク「ゴールドデスク」でカードやサービスについて相談しましょう。

ドクターコール24は国内でケガや病気が発生した時に、無料で医師に相談できるサービスです。

三井住友カードゴールドのメリット・デメリット!年会費・手数料・ポイント徹底比較

年収300万円程度でも審査に通るゴールドカードは?

三井住友カードゴールドは、ゴールドカードの中でも審査が厳しく難しい部類です。

そのため、年収に不安がある方は三井住友デビュープラスや三井住友カードからのランクアップを目指すのが得策です。

しかし、クレヒスを積んで三井住友カードからのインビテーションを受けるには、時間がかかるため、「今すぐにゴールドカードが欲しい!」という方もいるでしょう。

そんな方は審査難易度が低いゴールドカードに申し込むのがおすすめです。流通系のゴールドカードなら、比較的審査も易しく、年収や勤続年数に不安がある方でも審査に通過できる可能性があります。

近年では年会費無料でも持てるゴールドカードも珍しくなく、ゴールドカードの審査難易度も下がってきています。

審査に通りやすいゴールドカードを探している方は、「年会費が安い×発行先の難易度が低い」ゴールドカードを検討してみましょう。

審査が甘いゴールドカード!MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

 
カード年会費 初年度無料
1,905円+税
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 1,000円+税
還元率 0.5%
電子マネー
申し込み資格 18歳以上の安定した収入がある方
  • 海外旅行保険が最高2,000万円自動付帯
  • 空港ラウンジが使える
  • ポイントアッププログラムが充実

MUFGカードゴールドカードは年会費無料のカードの中でもかなり審査基準が甘いゴールドカードです。その理由はまず申し込み資格に表れています。

通常ゴールドカードは30歳以上、ハードルが低い20代向けのヤングゴールドカードでも20歳以上のことがほとんどです。

しかしMUFGカードゴールドは、18歳以上(学生不可)であれば申し込むことができる若者向けのゴールドカードです。

比較的若い年代をターゲットにしているため、年収は250万円程度あれば審査通過の可能性があります。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアム・ゴールド

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
カード年会費 1,950円(税込)
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 20歳以上で安定した収入がある方
  • 通常還元率1.0%!入会後6ヵ月は還元率2.0%
  • 海外旅行保険が自動付帯で最高2,000万円
  • 電子マネーの利用でさらに0.5%のオリコポイント

オリコカード・ザ・ポイントプレミアム・ゴールドの申し込み資格は「満20歳以上の安定収入がある方」です。

本人に安定収入という記載はないため、学生やアルバイト・パート・専業主婦の方でも申し込み可能です。

一般的なゴールドカードの審査突破に必要な年収は300万円~400万円ですが、オリコカード・ザ・ポイントプレミアム・ゴールドの審査突破に必要な年収は200万円~300程度です。

そのため、審査難易度は比較的易しいと言えます。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
カード年会費 2,160円
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
還元率 1.0%
電子マネー
申し込み資格 20歳以上で安定した収入がある方
  • 通常還元率1.0%!楽天市場でポイント+5倍
  • 空港ラウンジも利用可能
  • ETC年会費無料

楽天ゴールドカードの申し込み資格は20歳以上で安定した収入があることです。

本人に安定収入という記載がないため、学生や専業主婦でも申し込みが可能です。必要年収は200万円~300万円程度のため、審査難易度としてはそこまで難しくありません。

通常の楽天カードを使っていればさらに審査通過の確率は上がるでしょう。

年収別におすすめのゴールドカードについて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

ゴールドカードの審査は年収200万でも通る!?審査難易度・必要年齢・年会費をカードごとに解説!

三井住友カードゴールドの審査通過に必要な年収は300~500万円

三井住友カードゴールド

三井住友カード ゴールド
カード年会費 初年度無料
通常1万円(年会費割引あり)
ETC年会費 550円
ETC発行手数料 無料
還元率 0.5%
電子マネー
  • 国内外の空港ラウンジ無料
  • 条件を満たせば年会費は半額で持つことができる
  • ボーナスポイントが通常の2倍

推定値ではありますが、三井住友カードゴールドの審査通過に必要な年収は300~500万円です。

年収は審査に必要な要素ですが、他にも通過のためのポイントがありますので再度おさらいしましょう。

  • 三井住友カードでクレヒスを積む
  • 多重申込をしない
  • 年収の3分の1以上の借入をしない
  • キャッシング枠は希望しない

三井住友カードでクレヒスを積んでから申し込みをする、またはインビテーションを待つなどして三井住友カードゴールドを是非手にいれましょう。

タイトルとURLをコピーしました